ニュース

東京都が「介護予防・フレイル予防ポータル」を開設~早期からの介護予防を啓発

 東京都はこのほど、介護予防・フレイル予防について広く普及啓発を図るため、Webサイト「東京都介護予防・フレイル予防ポータル」を開設。

 基礎知識や予防のポイントなどをまとめているほか、PR動画「知っておく!からはじめる介護予防・フレイル予防」や都内各自治体の取り組みをまとめるなどし、さまざまな角度からフレイル予防について情報提供をしている。
より早期から取り組む介護予防=「フレイル予防」
 「フレイル」とは年齢と共に心身の活力が低下し、要介護状態となるリスクが高くなった状態を指す。生活機能の自立度が高い「健康」と日常生活動作に障害がある「要介護状態」との間に位置する状態と考えられ、フレイル予防とは、より早期から取り組む介護予防を意味する。

 東京都がこのほど開設したWebサイト「介護予防・フレイル予防ポータル」は「知る」、「予防と対策」、「取り組み」とカテゴリーを分け、動画やイラストを多用しながら分かりやすく解説。簡単な設問に答えるだけで、フレイルリスク度をチェックできるページや、年齢別のフレイル予防についてポイントをまとめたページなどもある。

 また都内の区・市町村の取り組みや、各自治体が公開している介護予防のためのオリジナル体操にもリンクしている。

「東京都介護予防・フレイル予防ポータル」公式サイト↓

【動画】「知っておく!からはじめる介護予防・フレイル予防」

フレイル予防は健康寿命の延伸に重要な課題
 厚生労働省が公表した「一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会 取りまとめ」でも、介護予防については「高齢者の心身の状態を自立、フレイル、要支援、要介護、またその状態が可変であるというように、連続的に捉え支援するという考えに立って行われるべきものである」と言及。

 先の通常国会で健康保険法等の一部改正法が成立し、この中で後期高齢者の保険者である広域連合は、その保健事業を市町村に委託できることとされており、今後は市町村によるフレイル予防や重症化予防などを目的とした高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施が行われる予定。

 人生100年時代と言われる現代社会において、健康寿命の延伸に重要な役割を果たすフレイル予防は、介護予防事業に携わる者にとって今後さらに力を入れるべき課題となっている。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年11月01日
【新型コロナ】高齢化が世界一の日本でなぜ死亡率が低いのか? 日頃の医療や保健活動の積み重ねが成果
2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
【新型コロナ】ネットやSNSの医療・健康情報は信用できる? ヘルスリテラシーを高める4つのポイント
2022年10月31日
高齢者の「オーラルフレイル」に対策 口の機能を維持してフレイルを予防 「カムカム健康プログラム」を開始
2022年10月31日
更年期の女性が体重を増やすのは宿命? 「対処方法はあります、あきらめないで」と更年期障害学会
2022年10月27日
11月は「過労死等防止啓発月間」&「しわ寄せ」防止キャンペーン月間 全国でシンポジウム開催
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶