ニュース

【新型コロナウイルス】メンタルヘルス危機を乗り越えるために多くの対策が必要 WHOが強調

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、多くの人がメンタルヘルスの危機にさらされている。世界保健機関(WHO)は、メンタルヘルスを改善するための緊急の政策と投資が必要だと強調し、「COVID-19流行期におけるメンタルヘルスケアと支援」と題する報告書を発表した。
多くの人が深刻なストレスや苦痛を経験している
 「COVID-19の流行の影響を受け、うつ病や不安症が増加しています。パンデミックが人々のメンタルヘルスに与える影響はすでに大変に深刻です」と、WHOのテドロス アダノム事務局長は言う。

 「外出の禁止、社会的孤立、感染への恐怖、家庭の喪失、収入の減少、雇用危機など、多くの人が大きいストレスや苦痛を経験し、精神状態が悪化しています」。

 WHOの報告書は、多くの国がメンタルヘルスの危機に直面し、うつ病などが増えていることを示している。米国の一般市民を対象とした調査で、苦痛を感じている人は45%と半数近くに上った。

 2020年4月に発表されたエチオピアの調査によると、うつ病の症状を示す人の割合は、COVID-19の流行前に比べ3倍に増加した。

関連情報
医療従事者へのサポートはとくに必要
 とくに多くの危機にさらされており、心理的な苦痛が募っており、緊急の介入を必要としているのは、この感染症に対する戦いの最前線で働いている医療従事者だ。

 医療従事者は、作業負荷や責任が重く、ときには人の生死を決定しなければならず、自身が感染のリスクに直面している。カナダで行われた調査によると、医療従事者の47%が心理的なサポートを必要としている。

 中国の調査によると、うつ病、不安、不眠症を訴える医療従事者は、それぞれ50%、45%、34%と効率に上る。
子供や女性への緊急の支援も必要
 小児・子供や若年者も、精神的な危険にさらされている。イタリアとスペインの親を対象とした調査で、COVID-19の流行が始まって以来、子供たちは集中力を失っている傾向があり、過敏、落ち着きのなさ、緊張感が高まっていることが示された。

 外出自粛により在宅時間が増えた影響で、暴力や虐待の被害者となる子供が増えると懸念されている。貧困に苦しんでいる世帯や、路上で生活している子供、教育を受けられていない子供など、世界にはより深刻な状況にある子供が多い。

 女性も危険にさらされやすい。英国の女性を対象とした調査では、COVID-19の流行により32%が精神的健康が悪化したと回答した。

 育児や、高齢者や認知症患者などへの介護、家庭内での仕事や家庭教育に従事している女性はリスクが高いので、とくに支援が必要だ。
アルコール摂取量の増加は深刻
 メンタルヘルスケアや社会的支援を必要としている人々の多くが、国や地域の医療サービスへのアクセスが中断され、状態が悪化している。COVID-19の流行により、医療機関や施設への通院ができなくなり、医療従事者やソーシャルワーカーなどと対面し相談することができなくなった。

 メンタルヘルスの専門家にとって、もう1つの大きな懸念事項となっているのは、アルコール摂取量の増加だ。カナダの調査によると、15~49歳の人の20%がCOVID-19の流行によりアルコール摂取量が増加したと答えている。

 アルコールや薬物への依存に対処する自助団体などのコミュニティサービスは、多くの国で数ヵ月間閉鎖されている。経済危機の影響を受け、精神状態の悪化やアルコール・薬物乱用が増加したケースは過去にも報告されている。
メンタルヘルスケアを行わないと経済的負担はさらに増加
 「メンタルヘルスケアのニーズは、COVID-19流行への対応と、そこからの回復において、中心的な課題として扱われるべきです」と、テドロス氏は強調する。

 「国連は医療システム全体を支援し、政府や市民団体も責任をもって行動するべきです。人々の感情的な幸福の必要性について深刻に受け止めなければ、社会が負担しなければならない長期的な社会的・経済的コストはさらに増加します」。

 具体的には、メンタルヘルスケアを必要とする人々が医療機関に継続してアクセスできるよう、医療体制を再整備することが必要になる。

 一部の国では、メンタルヘルスケアの提供と心理社会的支援のアプローチにおいて、改善の兆しがみえている。スペインではCOVID-19のパンデミックが起こり、首都マドリードでは精神疾患の入院に使われた病院のベッドの60%以上がCOVID-19患者向けに取って代われた。

 そこで、病状の深刻な患者は治療を継続して受けられるよう、小規模な診療所に移送された。さらに、オンライン診療を緊急に開設し、メンタルヘルスケアワーカーが電話で外来で対応できるようにした。深刻な患者には往診もするようになった。

 エジプト、ケニア、ネパール、マレーシア、ニュージーランドなどでも、メンタルヘルスの危機に直面している人々を支援するために、電話の相談窓口が緊急に開設された。
孤立しやすい高齢者への支援も必要
 COVID-19に対策するために、社会的結束を強化し、コミュニティを整備して孤立を減らす支援も必要になる。とくに高齢者など、社会的接点を失い孤立しやすい弱い人々を重点的に支援する必要がある。

 1人暮らしの高齢者に定期的に電話してチェックしたり、食料品の宅配の利用や、認知力を刺激し高めるためのオンラインサービスの提供など、組織的に行動して支援することが必要で、そのために各国の政府、地方自治体、民間セクター、市民団体などは主導して行動する必要がある。

 「現在、メンタルヘルスケアのサービスの拡充と再編が、世界規模で必要とされています。今後の動向に対応したシステムを構築する必要があります」と、WHOのメンタルヘルス部門責任者のデボラ ケステル氏は言う。

 医療機関を整備するだけでなく、地域のコミュニティサービスを充実して、地域社会で質の高いメンタルヘルスケアとソーシャルケアを提供できようにするため、それぞれの国が対策する必要があるとしている。

Substantial investment needed to avert mental health crisis(世界保健機関 2020年5月14日)
Mental health and psychosocial considerations during the COVID-19 outbreak(世界保健機関)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶