ニュース

マタニティマーク公式サイトを開設 「妊産婦にやさしい環境づくり」推進へ

 母子保健の国民運動計画「健やか親子21(第2次)」公式ホームページにこのほど、マタニティマークの公式サイトが開設された。
 マタニティマークを身に付けた方への理解や思いやりのある行動をお願いしているほか、マタニティマークのデザインを活用した普及啓発にも協力をうながしている。
マタニティ―マーク普及で「妊産婦にやさしい環境づくり」推進にも
 マタニティマークは妊産婦が公共交通機関や職場、飲食店などで身に付けることで、周囲の人に配慮をお願いしやすくするもの。国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保を目指してデザインを公募し、2006年に作成・発表された。

 妊娠初期など妊産婦であることが外見上、見分けにくい時期にもマタニティマークを示すことで、周囲の人が公共交通機関で席を譲ったり、喫煙の配慮をしたりしやすくなる。

 平成30年度子ども・子育て支援推進調査研究事業「健やか親子21(第2次)」中間評価を見据えた調査研究では、マタニティマークを「知っていた」「言葉だけは知っていた」人の割合は女性が87.7%、男性が73.3%。

 一方、妊娠をアピールしているように思われることを気にしてマタニティマークの着用を躊躇した、といった声もあり、今回開設されたマタニティマークの公式サイトでは、「通勤中のみなさんへ 知ってもらいたい妊婦さんの10の気持ち」や「先輩ママのマタニティマーク座談会」とするページを開設し、妊娠中の経験談も紹介するなどしている。

 また妊産婦にやさしい環境づくりに活用してもらうため、職場や店舗で掲示・配布できるポスターやリーフレットが自由にダウンロードできる。

 マタニティマークの趣旨に基づき、営利を目的としないなど使用制限を順守している場合、マタニティマークは自由に使用できる。

 ホームページでは使用に際してのお願いとして、デザインの規定や使用報告書の提出などの詳細を確認可能。マタニティマークのデザインを使う場合によくある質問についてもQ&A方式で説明しており、趣旨を正しく啓発しながら広くマークが普及するよう期待が込められている。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月28日
肥満は薄毛・脱毛も引き起こす 肥満を早期から予防すれば、毛を生やす細胞を維持できる メカニズムを解明
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月25日
【健やか21】「一般のみなさまへ 妊娠中の体重増加の目安について」の掲載について(日本産科婦人科学会)
2021年06月22日
「食中毒」の季節が到来 「予防の3原則」で夏を快適に過ごす 食中毒にともなう脱水を防ぐには
2021年06月22日
【新型コロナ】野菜や魚を食べると新型コロナが重症化しにくい 健康的な生活スタイルで感染対策
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶