ニュース

スマートライフのすすめー減量支援はお任せください!「スマートダイエット」

 Successful Agingを「健幸華齢」と名付ける田中喜代次氏(筑波大学名誉教授)は、健幸華齢のための賢い生き方として、4つのスマート(「スマートダイエット」、「スマートエクスサイズ」、「スマート脳トレ」、「スマート服薬」)を提唱する。今回、そのひとつ、「スマートダイエット」について、保健指導リソースガイドのオピニオンコーナーにて連載を開始した。

減量支援はお任せください!「スマートダイエット教室」


 スマートダイエットは、筑波大学の田中氏の研究室で得られた研究成果に基づいて1984年に開発された、食習慣の改善または食生活の見直しを中心とした効果保証(体重の1割程度)の減量プログラム。これまでに5,000人以上の減量を支援し、別名"888ダイエット"と称している。

 "888"とは、BMI≧28の肥満者なら、3ヵ月後に体重8㎏, 腹囲8㎝, 8歳の若返り効果が得られることからの名称である。 スマートダイエット教室のプログラムは、個人またはグループ向け、自治体・企業・健康保険組合向けシニア向けに開発されており、脱落率は、平均0~12%(平均5%)で極めて低く、3ヵ月コースの教室での体重減少は平均4~13 kg(総平均8 kg)である。

 スマートダイエット教室の詳細や「スマートエクスサイズ」(どのような運動を、どれくらい行うか)、「スマート脳トレ」(認知症予防のための7つの心得)、「スマート服薬(高齢者の服薬指導)については、田中氏が代表取締役を務める筑波大学発ベンチャー企業THFにお問い合わせ下さい。

問合せ先:株式会社THF
https://thfweb.jp/
[soshinsha]

「運動」に関するニュース

2021年11月16日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動でうつや不安を解消 座ったままの時間が長いとうつリスクが上昇
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月08日
音楽に合わせた軽めの運動が認知機能や気分を向上 「運動は、少し動きを速くして休憩を挟みながら行うと、より楽しく快適に」
2021年11月05日
「脳・心臓疾患の労災認定基準改正 働き方改革の一層の推進へ」へるすあっぷ21 11月号
2021年11月02日
特定保健指導+予防医療プログラム 地域の特性に合わせた指導でメタボ改善 保健師によるきめ細やかな対応が効果的
2021年11月02日
ウォーキングなどの運動が心臓病リスクを50%減少 運動には糖尿病やがんの予防効果も 米国で年間4.6万例のがんを予防
2021年10月26日
特定健診のデータヘルス 年齢とともに薬剤利用は増加し生活改善の意欲も高まる 特定健診のビッグデータを分析
2021年10月25日
世界骨粗鬆症デー 50歳以上の女性の3人に1人が骨折を経験 40歳過ぎたら骨を強くする対策を
2021年10月19日
【新型コロナ】コロナ禍でうつ病が増加 自然のもつメンタルヘルス改善の効果 「グリーンインフラ」に期待
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶