ニュース

在宅での高齢者の健康づくりに活用できるスマホ用アプリを公開 健康長寿医療センターなど

 東京都健康長寿医療センターと慶應義塾大学は、在宅での高齢者の健康づくりに活用できるスマートフォン用アプリ「運動カウンター」「食べポン」を公開した。
 このアプリを利用してもらい、高齢者に在宅で運動習慣や良好な食習慣を保持してもらうことを期待している。
直接交流をともなわない非対面下での健康づくりが必要
 アプリを公開したのは、東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チームの遠峰結衣研究員らと、慶應義塾大学理工学部の杉浦裕太准教授らの研究グループ。

 新型コロナウイルス感染症は、国内では6月現在で収束に向かっているが、警戒が緩めば感染が再拡大する可能性がある。政府は、長期的に感染拡大を予防するため、▼身体的距離の確保、▼マスクの着用、▼手洗いなどを軸とした「新しい生活様式」を求めている。

 高齢者のフレイルや認知症に対策するため、これまでは積極的な外出や社会参加が重要とされてきたが、現状では、緊急事態宣言が解除された後でも、高齢者の「通いの場」などの再開には慎重にならざるをえない状況が続いている。

 通いの場は、高齢者などが定期的に集い、体操や趣味活動などのさまざまな活動を行い、生活に活気を取り入れてもらう場で、介護予防に直結すると期待されてきた。

 「こうした通いの場の再開に向けた対策が必要ですが、直接交流をともなわない非対面下での健康づくりの方策もあわせて検討していく必要があります」と、研究グループは述べている。

 そこで研究グループが目を付けたのが、近年では多くの高齢者にとってスマートフォンやインターネットが身近なものになっていること。

 そうして開発したのが「運動カウンター」と「食べポン」だ。両アプリは無料で、スマートフォンとLINEを使い利用できる。このアプリにより高齢者に在宅で運動習慣や良好な食習慣を保持してもらうことを期待している。
運動記録を楽しく実施できるアプリ
 「運動カウンター」は、運動記録を楽しく実施できるアプリ。メニューから運動の種類をワンクリックで選択すなると、ランダムに組まれたメンバーと協力しながら運動を実践できる。

 スマートフォンアプリLINEのトークルームを利用して、自宅でできる8種類の簡単な運動の動画を見ることができる。その実践回数を記録し、回数によって加算されるポイントを家族や友人らと共有・競争することができる。

 8種類の運動は、▼フレイル予防に重要な5種類の下肢の筋力運動、▼腰痛予防体操、▼口腔体操、▼ウォーキング。YouTubeで、ライブ体操「ゆるっとスマホ体操」を連携配信しており、よりレベルアップした運動を実践することもできる。

 自宅で過ごす時間が長期化し、身体を動かさないでいると、とくにシニア世代ではフレイルに陥る危険性が高まる。このアプリを活用し、日常に身体活動や運動を取り入れてもらうことを期待している。

摂取した10の食品群を記録できるアプリ
 また、「食べポン」は、メニューから摂取した食品群をワンクリックで登録できるアプリ。10の食品群(肉類、魚介類、卵、大豆製品、牛乳、海藻類、緑黄色野菜、果物類、イモ類、油脂類)のうち、1日に摂取した食品群を記録することができる。

 10の食品群のうち、何品目を食べたかを得点化し(1食品群で1点)、その得点を家族や友人らと共有・競争することができる。また、足りていない食品の摂取を教えてくれる。

 東京都健康長寿医療センターでは、これまでの疫学研究の成果を「健康長寿新ガイドライン」として集約しており、食・栄養面では、10の食品群のうち、1日で7食品群以上を摂取することを推奨している。

 この10の食品群は、日本の栄養指導でも用いられている「三色食品群」や「六つの基礎食品」にもとづいている。これを意識することでバランスの良い栄養素摂取につながり、高齢者に限らずどの世代にも勧められるという。

AIP加速PRISM研究 健康貯金のための運動誘発AI基盤構築 「健康Appsシリーズ」

東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム
應義塾大学理工学部情報工学科 LIFESTYLE COMPUTING
東京都介護予防・フレイル予防ポータル 「食べる」フレイル予防!
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶