ニュース

肺の生活習慣病「COPD」は生活の質(QOL)を悪くする 禁煙すれば悪化を半分に減らせる

 肺の生活習慣病とも呼ばれる慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、生涯にわたり患者の生活の質(QOL)を悪くするが、禁煙によりQOLの悪化の速度を半分に減らせることが、千葉大学大学院薬学研究院と慶応大学医学部の研究グループによって明らかになった。
 「喫煙者への禁煙指導が重要であることがあらためて示されました」と、研究者は述べている。
肺が徐々に悪くなっていくCOPD
 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、タバコの煙などの有害物質を長期に吸入することで生じる肺の炎症性の慢性疾患。

 階段の上り下りなど体を動かしたときに息切れを感じたり、風邪でもないのにせきやたんが続いたりするのがCOPDの主な症状だ。

 日本にCOPDの有病者が500万人以上いると推定されているが、多くは自分がCOPDであることに気づいておらず、治療も受けていない。

 COPDは進行性なので、生涯にわたる治療と管理が必要になる。そのため、COPD患者の将来の病状を正確に予測し、もっとも有効な治療法を選択することが重要となる。
検査値だけでなく、生活の質(QOL)の評価も必要
 COPDの疾患の評価や治験の主要評価項目などに肺機能の検査の値が使われているが、COPDの重症度を評価するためには、生活の質(QOL)をもとに評価する必要性もある。

 しかし、1.5年程度の短い時間ではQOLの変化を十分に評価できず、また、慢性疾患の進行を正確に知るためには、数十年にわたる大規模な臨床研究などが必要となり、莫大な費用と時間を要する。

 そこで研究グループは今回の研究で、COPD患者の短期間のデータをもとに、QOLを評価する手法を開発した。

 研究は、千葉大学大学院薬学研究院臨床薬理学の川松真也氏や樋坂章博教授、慶応大学医学部の研究グループが行ったもので、研究成果は、科学誌「Journal of Clinical Medicine」に掲載された。
COPD患者の肺機能とQOLを短期間のデータで推定
 研究グループは、1,025人の患者の4年間の臨床試験のデータから、30年にわたるCOPDの病態進行を推定。

 「SReFT」と呼ばれる手法を使い、ごく短期間に、COPD患者の肺機能とQOLが長期的にどう変わっていくかを推測するのに成功した。

 「SReFT解析」は、樋坂教授が開発した新しい手法で、多数の短期間データから数十年にわたる経時推移を推定する解析法。これまでにアルツハイマー病の解析が発表されており、今回のCOPDは2番目の適用となる。

 研究グループは、COPD患者を対象とした国際共同治験「SUMMIT試験」に参加した1,025人のデータを解析し、COPD発症から30年程度の変化をSReFT解析を行い推定した。

 SGRQとCATスコアは、COPD患者のQOLを評価するための指標で、スコアが大きいほどQOLが悪化していることを示す。また、肺機能を示す指標である%FEV1と%FVCは、数値が低下するほど肺機能が低下していることを示す。
肺機能の低下が止まってもQOLの悪化は生涯続く
 その結果、COPDが進行するにともない、QOLの指標は明らかに悪化していくが、肺機能については発症後にすぐに減少するものの、発症から10年以上経つと減少は鈍化したりあまり変化しないことが分かった。

 つまり、COPDの発症により肺機能は比較的すぐに下がり止まるが、そうなった患者でも、QOLの悪化は生涯にわたりが続いていくことがはじめて明らかになった。

 これにより、COPDの進行を評価するためには、QOLも積極的に確認することが必要であることが示された。

喫煙者(図中青・紫)と比較して禁煙者(図中赤・緑)は、QOLの低下速度が遅い
出典:千葉大学、2020年
禁煙によりCOPDの進行は半分に遅らせられる
 次に、喫煙状況が病態の進行に与える影響を調べるために、患者を現喫煙者と前喫煙者に分けて、COPDの長期の病態進行に違いが出てくるかを調べた。

 その結果、禁煙をすることでQOLの悪化速度を半分ぐらいに遅らせられることが示された。

 禁煙が肺機能の悪化を抑制し、COPDの予防・治療のために非常に重要であることは分かっているが、それでも禁煙を希望しない患者も少なくない。

 「患者さんに、喫煙は肺機能だけでなく、生活の質であるQOLに影響し、禁煙することで将来的にQOLの悪化を大きく防げられることを理解してもらうことが重要。データを示し患者さんに納得してもらうことで、禁煙をより強く推奨できるようになる」と、研究者は述べている。

千葉大学大学院薬学研究院臨床薬理学
Scores of Health-Related Quality of Life Questionnaire Worsen Consistently in Patients of COPD: Estimating Disease Progression Over 30 Years by SReFT with Individual Data Collected in SUMMIT Trial(Journal of Clinical Medicine 2020年8月18日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶