ニュース

世界初、他職種連携による産後の自殺予防対策プログラム「長野モデル」を開発

 国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)の研究チームがこのほど、産後の自殺予防対策プログラム「長野モデル」を開発。「長野モデル」によって産後の母親の自殺念慮(自殺を考えること)やメンタルヘルスが統計的に優位に改善し、その有効性が実証されたと発表した。
 妊娠期から多職種が連携して介入する自殺予防のための母子保健システムとしては世界初のモデルだという。
周産期の自殺の原因は産褥精神病や産後うつ病が多い 早期発見・治療が必要

 国立成育医療研究センターが人口動態統計を分析・研究したところ、2015~16年の妊産婦の自殺は102人と、身体的な原因による死亡(74人)を上回り、周産期死亡の原因の1位だった。

 妊婦の自殺は胎児の死亡につながり、また産褥婦の自殺は子どもとの心中例も少なくないなど、児童虐待の観点からも周産期の自殺対策は極めて重要と考えられている。

 一方、周産期の自殺の原因は産褥精神病・産後うつ病などが多く、早期に発見・治療が行えれば一般的に予後の良い疾患と言われている。そのため母子保健における早期発見・早期介入システムを確立すれば多くの母子の命を救うことができると考えられる。しかし世界的に見てもこれまで有効な妊産婦の自殺予防対策システムはなく、有効な地域介入プログラムの確立が望まれていた。

 このような中、「長野モデル」は同センターこころの診療部乳幼児メンタルヘルス診療科・立花良之診療部長らの厚生労働科学研究班グループによって開発された。

 具体的には新生児訪問時に保健師が「エジンバラ産後うつ病質問票(EPDS)」を使い、全ての母親に対して自殺念慮のアセスメント(評価)を行う。EPDSはイギリスで開発された産後うつ病のスクリーニング票で国内外にて使用されている。

現在の母子保健システムを活用して取り入れられる「長野モデル」

 「長野モデル」ではEPDSで自殺念慮を認めた場合に心理的危機介入を行い、保健師や精神科医、産科医、助産師、看護師、小児科医、医療ソーシャルワーカーなど多職種のチームでフォローアップを行うのが特長。

 心理的危機介入では、自殺予防学でいう「TALKの原則」の手法を応用し、Tell(伝える)・Ask (尋ねる)・Listen(聴く)・Keep safe (安全を確保する)の姿勢で関わる。このことにより、保健師などが自殺念慮を認めた母親に心理的に寄り添い、支えることができる。

 実際に「長野モデル」の事業開始前に妊娠届を出した母親と、事業開始後に妊娠届を出した母親各約230人を対象に、3~4カ月児健診時に自殺念慮をアセスメントしたところ、後者には改善が示され、産婦自殺予防対策の有効性が明らかになった。

 また後者におけるメンタルヘルスの向上効果は産後3~4カ月だけではなく、産後7~8カ月健診でも見られたという。

 「長野モデル」は新たな保健師などの増員や、妊産婦自殺対策の予算などを必要とするものではなく、現在の母子保健システムのリソースを活用して進められる。そのため今後は、ほかの地域の母子保健関係者を対象に研修会を開くなどして「長野モデル」の介入手法の均てん化を図っていく方針。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶