ニュース

高齢者のフレイル対策に「遠赤外線低温サウナ」が効果的 冷えや痛み、活動量などを改善 都長寿研など

 東京都健康長寿医療センターは、運動を行うことが困難な高齢者のフレイル対策として、「遠赤外線低温サウナプログラム」が効果的であることを確かめた。
 1回15分のサウナ浴を週2回行うことで、フレイルの程度を改善できるという。
老年症候群とフレイルの悪循環を阻止する方法は?
 研究は、東京都健康長寿医療センター高齢者健康増進センターの原田和昌副院長、杉江正光医員(循環器内科)らの研究グループが、日本健康寿命延伸協会と共同で行ったもの。研究成果は、日本老年医学会が発行する英文誌「Geriatrics & Gerontology International」に掲載された。

 超高齢化を迎えている日本では、高齢者のフレイル対策が重要になっている。フレイルは虚弱を意味し、その評価は、「体重減少・握力低下・歩行速度低下・活動量低下・易疲労感」の5つの項目により行われる。

 「フレイル」は老年症候群の一部として知られ、さらにフレイルと「老年症候群」は互いに悪循環を形成することが指摘されている。老年症候群とは、高齢期に見受けられる症状の総称であり、「誤嚥、尿漏れ、転倒・骨折、もの忘れ、寝たきり、めまい、難聴」などが含まれる。

 フレイル対策として、運動や栄養の改善により予防することが重要だが、高齢者には膝・腰の痛みや、息切れなどの症状など、さらには低体力のために、運動を行うことが困難な人も多い。

関連情報
運動を行うことが困難な高齢者に低温サウナが効く
 研究グループは、日々の高齢者診療に携わるなかで、慢性的な冷え・浮腫み・慢性的な痛み(膝や腰の痛み)・しびれ・息切れ・尿漏れ・便秘・食欲不振・不眠・皮疹などの、高齢者が日常的に訴えている老年症候群に注目。

 これまでの知見をふまえ、「遠赤外線低温サウナによるプログラム」を開発した。これは、病状や症状、低体力のため、運動を行うことができないプレフレイル(フレイルの前段階)を含むフレイル高齢者を対象に、15分間の遠赤外線低温サウナ浴と30分の安静保温を1回として、週2回、3ヵ月間にわたりプログラムに参加してもらうというもの。

 その結果、遠赤外線低温サウナプログラムは、運動を行うことが困難な高齢者の、冷え・浮腫み・慢性的な痛み・息切れ・尿漏れ・皮疹といった老年症候群の程度を改善し、加えて、体重や歩行速度、活動量の改善を通して、フレイルの程度を改善することが明らかになった。
遠赤外線低温サウナがフレイルを改善
出典:東京都健康長寿医療センター、2020年

 遠赤外線低温サウナを利用することで、高齢者が日常的に悩む老年症候群の程度を改善できることが分かった。老年症候群とフレイルの悪循環を阻止することで、フレイルをも改善できる可能性がある。

 「今回の研究結果をふまえ、遠赤外線低温サウナプログラムを、運動を行うことが困難な高齢者の老年症候群の一部症状の改善やフレイル対策に活用することを期待している」と、研究グループは述べている。

東京都健康長寿医療センター
Effectiveness of a far‐infrared low‐temperature sauna program on geriatric syndrome and frailty in community‐dwelling older people(Geriatrics & Gerontology International 2020年8月9日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶