ニュース

【2019年国民健康・栄養調査1】男性の3人に1人が肥満 女性の5人に1人超が高コレステロール 高齢者の「低栄養傾向」も課題に

 厚生労働省は2019年「国民健康・栄養調査」の結果を発表した。
 男性20歳以上の3人に1人が肥満で、高コレステロールについても、男女ともに目標を達成していないことが明らかになった。若年女性のやせや、高齢者の低栄養傾向も課題になっている。
男性の3人に1人が肥満 若年女性のやせ 高齢者の低栄養傾向も課題に
 BMI(体格指数)が25以上の肥満の割合は、男性で33.0%、女性で22.3%に上り、男性では2013年から有意に増加している。

 肥満者が多い年齢層は、男性では30代(29.4%)、40代(39.7%)、50代(39.2%)、60代(35.4%)、女性では50代(20.7%)、60代(28.1%)、70歳以上(26.4%)。

 「健康日本21」(第二次)では、20~60歳の男性の肥満の割合を28%に抑えることを目標にしているが、現状は33.0%で目標に達していない。

肥満者(BMI 25以上)の割合(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

肥満者(BMI 25以上)の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 BMI(体格指数)が18.5未満のやせの割合は、男性で3.9%、女性で11.5%。若い女性でやせが多く、20代女性のやせの割合は20.7%に上る。

 若年女性のやせについて、「骨量減少、低出生体重児出産のリスクなどとの関連がある」として、20代女性のやせの者の割合を20%に抑えることを目標としている。

やせの者(BMI 18.5未満)の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 65歳以上の高齢者の「低栄養傾向」(BMI 20以下)の割合は男性では12.4%、女性では20.7%で、男女とも85歳以上で高く、男性で17.2%、女性で27.9%に上る。

 BMIが20以下の低栄養傾向は、要介護や総死亡のリスクを高めることから、「健康日本21」(第二次)では、22%に抑えることを目標にしており、現状は16.8%で目標に達している。

低栄養傾向の者(BMI 20以下)の割合(65歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)
男性の19.7%、女性の10.8%が「糖尿病」
 2019年「国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる」人の割合は、男性 19.7%、女性 10.8%。前年度に比べ、男性で1.0ポイント増え、女性で1.5ポイント増え、2009年以降でもっとも高い数値を示した。

 この調査では、HbA1cの測定値が6.5%以上(NGSP値)、または糖尿病の治療を受けていると答えた人が、「糖尿病が強く疑われる」と判定される。

「糖尿病が強く疑われる者」の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 年齢層別にみると、男女のいずれでも、「糖尿病が強く疑われる」人の割合は年齢が上がるにつれて上昇する。男性の50代で17.8%、60代で25.3%、70歳以上で26.4%、女性の50代で5.9%、60代で10.7%、70歳以上で19.6%に上る。

「糖尿病が強く疑われる者」の割合(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)
成人男性の29.9%、成人女性の24.9%が高血圧
 血圧についてみると、収縮期(最高)血圧の平均値は、男性で132.0mmHg、女性で126.5mmHg。最高血圧の目標は、40~89歳で男性134mmHg、女性 129mmHgで、女性では目標に達している。

 また、最高血圧が140mmHg以上の人の割合は、男性で29.9%、女性で24.9%。この10年間で男女ともに減少している。

 日本高血圧学会は、血圧の値が最高血圧/最低血圧のどちらか一方、あるいは両方が140/90mmHg以上になる場合を高血圧としている。

収縮期(最高)血圧が140mmHg以上の者の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)
女性の5人に1人超が高コレステロール
 脂質についてみると、総コレステロールが240mg/dL以上の人の割合は、男性で12.9%、女性で22.4%となっている。前年度に比べ、男性で0.7ポイント増加し、女性で1.3ポイント増加した。総コレステロール値が240mg/dL以上の人の割合を、男性で10%、女性で17%に抑えるのが目標。

総コレステロールが240mg/dL以上の者の割合の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 non-HDLコレステロールは、総コレステロールから善玉のHDLコレステロールを引いた値で、動脈硬化を引きおこすすべてのコレステロールをあらわす。non-HDLコレステロールの平均値は、男性で141.9mg/dL、女性で145.9mg/dL。日本動脈硬化学会のガイドラインでは、170mg/dL以上であれば「高non-HDL-C血症」、150~169mg/dLは「境界域高non-HDL-C血症」と診断される。

non-HDLコレステロール値の平均値の年次推移(20歳以上)

出典:2019年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省、2020年)

 総コレステロールやnon-HDLコレステロールが高くなると、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの循環器疾患リスクが高まる。「成人女性の2割以上が高コレステロール」という状況は望ましくない。non-HDLコレステロールを下げるのも目標のひとつで、保健指導の課題はまだ多いといえる。

 調査は2019年11月に実施。対象となったのは2019年国民生活基礎調査から層化無作為抽出した300単位区内の全世帯・世帯員。調査対象世帯数は4,465世帯で、身体状況調査の集計数は5,074人、栄養摂取状況調査は5,865人、生活習慣調査は5,709人。

【2019年国民健康・栄養調査】
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択
2021年06月01日
日本の代表的な6研究機関が連携 36.6万人規模のゲノムコホートを構築 「個別化医療・個別化予防」の早期実現を目指す
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月20日
【オピニオン新連載】緊急事態宣言下で前進した特定保健指導のオンライン化と働き方 ―総合健康保険組合の取り組み―
2021年05月18日
心理的ストレスが腸内細菌を乱すメカニズムを解明 うつ病に腸内細菌叢が大きく関わっている 「脳腸相関」を解明
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶