ニュース

ラクトフェリンが冬の急性胃腸症状を抑制 ノロウイルスを抑える作用の報告も 信州大学など産官学連携の取組み

 信州大学は、「ラクトフェリン」の摂取が冬の急性胃腸症状を抑制することを成人ではじめて確認したと発表した。松本市、森永乳業との産官学連携での取組みの成果。
ラクトフェリンが冬の急性胃腸症状を抑制
 信州大学は、ラクトフェリン配合錠菓の摂取が、保育園、幼稚園職員の冬の急性胃腸症状に与える影響を調査し、ラクトフェリンを1日200mgまたは600mg摂取することで、急性胃腸症状の有症率が低下することを確認したと発表した。

 研究は、信州大学医学部衛生学公衆衛生学教室の野見山哲生教授の研究グループが、松本市、森永乳業との産官学連携で実施したもの。研究成果は、学術誌「International Journal of Environmental Research and Public Health」に掲載された。

 「ラクトフェリン」は、ヒトなどの哺乳類の乳汁や唾液に含まれるタンパク質で、加熱殺菌前の牛乳にも微量含まれる。

 抗菌、抗ウイルス、免疫調節作用を示すことが知られている。これまでの基礎研究から、ラクトフェリンは冬の感染性胃腸炎の主要な病原体であるノロウイルスに対して抗ウイルス作用を示すことが報告されている。

 森永乳業 ラクトフェリン研究所によると、ラクトフェリンは食中毒菌の付着タンパク質を分解するほか、ウイルスや菌が腸壁の細胞に付着するのを防ぐ効果があるという。
子供と大人の職員で急性胃腸症状を抑制
 保育園や幼稚園は、免疫機能が未発達な子供が集団生活をしている。そのため、感染症が蔓延しやすい環境にあり、子供と接する職員もまた高いリスクにさらされている。

 研究グループは今回、松本地域の保育園、幼稚園の職員を対象に、ラクトフェリンの摂取が冬の急性胃腸症状を抑制するかを調べる臨床試験を実施した。

 ランダム化二重盲検プラセボ対照比較試験で、松本地域56の保育園、幼稚園職員346人を無作為に3群に分け、プラセボ、ラクトフェリン200mg/日、同600mg/日のいずれかを冬の間の12週間摂取してもらい、摂取期間中の急性胃腸症状の有症率を調査した。

 その結果、急性胃腸症状の有症率は、200mg群、600mg群でプラセボ群と比較して有意に低下した。

急性胃腸症状の有症率(%)
ラクトフェリンを摂取すると幼稚園職員の急性胃腸症状が抑制された

出典:信州大学衛生学公衆衛生学教室、2021年
ラクトフェリンを幅広い年代の感染防御に活用できる可能性
 松本市の保育園児(1~2歳)が、ラクトフェリン配合ミルク(48mg/日)を摂取することで、冬の急性胃腸症状の有症率が低下し、急性呼吸器症状の日数が減少することも報告されている。

 松本市の保育園児(3~6歳児)が、ラクトフェリン配合ヨーグルト(100mg/日)を摂取することで、冬の嘔吐による病欠率が低下することも確認されており、ラクトフェリンの急性胃腸症状に対する抑制効果は再現性を持って確認されている。

 成人での抑制効果は今回の研究で、世界ではじめて確認された。「ラクトフェリンが幅広い年代の感染防御に活用できる可能性を示すことができたと考えられます」と、研究グループは述べている。

信州大学衛生学公衆衛生学教室
森永乳業 ラクトフェリン研究所
Effects of Lactoferrin on Prevention of Acute Gastrointestinal Symptoms in Winter: A Randomized, Double-Blinded, Placebo-Controlled Trial for Staff of Kindergartens and Nursery Schools in Japan(International Journal of Environmental Research and Public Health 2020年12月21日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶