ニュース

【新型コロナ】ステイホームで注目される「シックハウス症候群」 予防のために何が必要?

 千葉大学は、住宅購入時の選択や生活スタイルなどの改善で、シックハウス症候群を予防できる可能性があることを明らかにした。
 シックハウス症候群を経験するリスクは、カーペットありの場合は1.48倍に、喘息の体質のある人は1.41倍に、それぞれ増えることが示された。
 予防するために、化学物質にさらされないようにしたり、適切な掃除を行うなどの生活スタイルの改善が重要だという。
 とくに小さな子供は症状を訴えられない場合もあり、周囲の大人が気を付ける必要がある。
コロナ禍でシックハウス症候群が注目されている
 新型コロナウイルス感染症の拡大が影響し、ステイホームやリモートワークが増え、多くの人が家で過ごす時間を増やしている。それにあわせて、家のあり方についての考えも大きく変わってきた。そこであらためて注目されているのが、シックハウス対策だ。

 室内には多くの汚染物質があり、それらを吸い込んだりすることで起こる、「鼻のムズムズ・鼻水」「頭痛」「のどの乾燥」「目のチカチカ」など、さまざまな健康障害の総称を「シックハウス症候群」という。

 症状の重さや頻度は人によって異なり、外気に触れることで症状が緩和することもあるため、そのまま過ごしてしまうケースが多くあり、アレルギー疾患増悪との関連を示す報告もされている。

 研究グループは、時代や社会環境の変化により、住環境や生活スタイル、働き方が大きく変わってきているなかで、それらの変化に合わせたリスク要因に関する調査を行う必要があると考えた。

 研究は、千葉大学予防医学センターの鈴木規道准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Building and Environment」に掲載された。
女性や若い人、アレルギー体質、喫煙・受動喫煙、カーペットは危険因子
 研究グループは、シックハウス症候群を予防する方法を明らかにするため、発生に関連する個人の要因や生活スタイルを調べ、予防改善策の提案を行うことを目的に調査を行った。

 全国の20~70歳の男性3,238人、女性1,758人、計4,996人を対象にWebサイトを使用した質問調査を実施し、ロジスティック回帰分析を用いて算出した。

 その結果、シックハウス症候群を経験しやすい、以下の4つの要因が示唆された――。

(1)女性や若い人(60代と比べた場合、とくに20代)、(2)アレルギー既往歴がある人や、神経性が敏感な人、(3)喫煙歴がある人や、室内での喫煙、受動喫煙・副流煙を吸い込んでいる人、(4)床がカーペット敷き、ホコリを目にする部屋に居住している人。

 性別や年齢、疾患歴、神経性過敏、化学物質を低減した住宅仕様、ホコリの有無、喫煙歴、室内の喫煙などの影響を考慮しても、カーペットありの場合は、なしの場合に比べてシックハウス症候群を経験するリスクが約1.48倍増えることが示された。

 さらに、ぜんそくの疾患歴がある人は、年齢や性別などの影響を考慮しても、ない人に比べて約1.41倍、シックハウス症候群を経験しているということが判明した。
シックハウス症候群を予防するための何が必要?
 これらの結果から、極力、化学物質にさらされないようにすることや、生活スタイルの改善が重要であることが分かった。とくに、小さな子供は症状を訴えられない可能性もあり、原因にさらされないよう、周囲の大人が気を付ける必要がある。

 予防策として、症状を経験したことがある人はその家族も含め、▼室内での喫煙を行わない、▼カーペットの使用を控える、▼化学物質を低減した住宅の仕様を選択する、▼室内でのホコリを目にしないような適切な掃除を行うこと――などが必要であることが示された。

 生活スタイルや住宅購入時の選択を工夫することで、シックハウス症候群を予防できる可能性があるという。

 「本研究は今後も継続的に調査を実施し、対象者の一部を追跡予定です。また、温度、湿度、揮発性有機化合物、ダストなどの環境データの取得も検討しており、本研究で用いた質問調査と合わせ室内環境とシックハウス症候群に関する分析を実施する予定です」と、研究グループは述べている。

 研究は、積水ハウスと日本学術振興会(JSPS)、科学研究費補助金(C)および(若手)助成金番号のサポートを受けている。データ、論文作成に関して一切の関与は受けていないとしている。

出典:千葉大学予防医学センター、2021年

千葉大学予防医学センター
Risk factors for the onset of sick building syndrome: A cross-sectional survey of housing and health in Japan(Building and Environment 2021年6月17日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶