ニュース

「健康的な肥満」は間違い 高血圧や心臓病などのリスクが上昇 「肥満の解消を」とアドバイス

 肥満ではあっても、血圧や脂質、血糖などの検査値に異常がみられないタイプの人がいる。「健康的な肥満」というものは、本当にあるのだろうか?
 そうした「健康的な肥満」の人も、年齢を重ねると、高血圧や2型糖尿病などの疾患のリスクが高くなり、心臓病や脳卒中などの発症が増えることが、大規模な研究で明らかになった。
 「高血圧や糖尿病などに対策するために、肥満のある人は、食事や運動などの生活スタイルを見直して、肥満を解消する対策をするべきです」と、研究者は報告している。
検査値に異常がみられない「健康的な肥満」
 代謝的に「健康的な肥満」とは、体格指数(BMI)が高く肥満と判定されるものの、血圧や脂質、血糖などの検査値に異常がみられないタイプの肥満だ。

 しかし、スコットランドのグラスゴー大学の研究によると、「健康的な肥満」は実際にはありえない。そうした人は、今は検査値に異常が出ていないものの、年齢を重ねると高血圧や2型糖尿病などの疾患のリスクが高くなることが多いという。

 肥満は多くの場合で、血糖値や血圧値の上昇、インスリン抵抗性の促進など、有害な代謝の問題を引き起こす。しかし、肥満の人のなかには、これらの影響を受けておらず、血圧や血中脂質が正常で、インスリンのレベルも健康的、全身の炎症もみられないケースがある。

 これは「代謝的に健康な肥満(MHO)」とも呼ばれており、その割合は人口の3~22%と推定されている。

 「肥満で正常な代謝プロファイルをもっている個人は、本当に生涯にわたり健康なのでしょうか? それとも、やがて肥満に関連する健康上の問題が発生し、リスクが高いのでしょうか? このことを確かめる必要があります」と、グラスゴー大学健康福祉研究所のレデリック ホー氏は言う。
「健康な肥満」の人は糖尿病リスクが4.3倍に上昇
 「UKバイオバンク」は、遺伝的素質や環境因子が健康にもたらす影響を調査している、英国の大規模な前向きコホート研究だ。研究グループは、UKバイオバンクに参加した、身長、体重、血圧、血液バイオマーカーに関するデータが完全にそろっていて、かつ低体重ではない38万1,363人を対象に、11.2年(中央値)追跡して調査した。

 BMIが30以上を肥満と判定し、代謝状態については、6つの代謝マーカー[血圧、炎症のマーカーであるC反応性タンパク(CRP)、中性脂肪、悪玉のLDLコレステロール、善玉のHDLコレステロール、過去1~2ヵ月の血糖値の平均を示すHbA1c]をもとに判定した。

 肥満と代謝の状態により、参加者を4つのグループに分けた。その結果、「代謝的に健康で、肥満ではない」(54.7%)、「代謝的に健康で、肥満がある」(9.2%)、「代謝的に不健康で、肥満ではない」(20.5%)、「代謝的に不健康で、肥満がある」(15.6%)に分かれた。

 「代謝的に健康で、肥満ではない」、つまりもっとも健康的とみられるグループを基準にして比較したところ、「代謝的に健康で、肥満ではない」グループでは、調査期間中に次のことが明らかになった。

 「代謝的に健康な肥満」の参加者は、2型糖尿病を発症する可能性が4.3倍高く、冠動脈疾患や脳卒中などの動脈硬化性の心血管疾患のリスクが18%高く、心不全のリスクが76%高く、呼吸器疾患(COPD)のリスクが19%高かった。
すべての肥満の人にとって体重のコントロールは有益
 「代謝的に健康な肥満の人は、決して健康的ではないことが分かりました。肥満ではなく健康な代謝プロファイルをもつ人に比べ、2型糖尿病、心臓発作と脳卒中、心不全、呼吸器疾患、すべての死因による死亡のリスクが大幅に高いことが明らかになりました」と、ホー氏は言う。

 「とくに注目するべきなのは、代謝的に健康な肥満の人は、心不全や呼吸器疾患のリスクが高いということです」としている。

 世界の肥満者の数は3億人以上と推定されており、対策をしないでいると増え続け、2030年までに10億人を超え、成人の20%を占めるようになると推測されている。肥満は、2型糖尿病、高血圧、心血管疾患(CVD)など、世界中で増え続けており深刻な健康問題をもたらす疾患と関連が深い。

 「肥満のある人は、食事や運動などの生活スタイルを見直して、肥満を解消する対策をするべきです。体重のコントロールは、代謝プロファイルに関係なく、すべての肥満の人にとって有益です」と、ホー氏は指摘している。

 「"代謝的に健康な肥満"という言葉は誤解をまねくため、臨床医学や公衆衛生の分野では避けるべきでしょう。リスクを定義するためのさまざまな戦略を検討する必要があります」としている。

People with 'healthy obesity' are still at increased risk of disease(Diabetologia 2021年6月10日)
Are people with metabolically healthy obesity really healthy? A prospective cohort study of 381,363 UK Biobank participants(Diabetologia 2021年6月10日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶