ニュース

性の健康について情報発信!「Tokyo Sexual Health」で知る正しい知識

Tokyo Sexual Healthロゴ

 性的な話題がタブー視される傾向は依然として根強い。そのような中、性感染症をはじめとする性の健康(セクシャルヘルス)について確かな情報を発信し、正しい知識やケアの方法を啓発しようとウェブサイト「Tokyo Sexual Health」が公開されている。

セクシャルヘルスや性感染症についてわかりやすく解説

Tokyo Sexual Healthウェブサイト

 性感染症はクラミジアや単純ヘルペス、淋病(りんびょう)、エイズウイルス(HIV)感染症など、あらゆる性的な接触で感染する病気のことをいう。性感染症の原因となるウイルスや細菌などの病原体は30以上あるといわれ、妊娠中の感染で胎児に母子感染することもある。無症状や軽症で感染に気付かないケースのほか、恥ずかしいとの理由で医療機関を受診しない人も多い。日本では近年「梅毒」の感染が男女ともに急増しており、注意が必要である。

 「Tokyo Sexual Health」はこのような背景をもとに、2019年厚生労働省研究班により、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会へ向けた性感染症まん延防止を目的として作られたプログラムである。セクシャルヘルス全般について正しい知識が普及し、すべての人が安心してサービスを受けられる環境づくりを目指すとともに、大会終了後もレガシーとして活動成果を継承していく。

 具体的には国や地方自治体、医療機関のほか、市民社会組織や民間企業、国連合同エイズ計画(UNAIDS)などの国際機関とも連携し、調査研究や情報発信、政策提案などに取り組む。

 活動の一環として開設されているウェブサイトでは、セクシャルヘルスや性感染症についてわかりやすく解説。それぞれの性感染症ごとに感染経路や予防、検査・治療法について詳しい説明もある。

 また、インターネット上にあふれる情報の中から「信頼のおける情報源を選ぶことが重要」だとし、"公的機関の発信"や"客観的なデータの裏付けがある"といったウェブサイト選びの基準を明示。冷静に情報を受け止め、疑問があれば専門家に相談するよう促し、相談先についても紹介している。

 日本に滞在する外国人に向けて、英語版のページも併設している。このほどベトナム語、中国語版(簡体中文繁体中文)を公開し、近日中にタイ語のリリースも予定している。そのほかにも、日本を訪れる外国人向けの情報として、日本で医療を受ける一般的な情報をまとめたページもある。

「Tokyo Sexual Health」監修・田沼順子先生(国立国際医療研究センター)のコメント

 長年、医師として働く中で、性に関する情報はタブー視されやすく、それが性感染症の正しい知識やケアを広める妨げになっているとつねづね考えていました。そこで、東京オリンピックを契機に、性の健康に関する情報をわかりやすく発信するウェブサイト「Tokyo Sexual Health」を設立しました。

 東京2020では、ジェンダーやLGBTQ+など性に関する言葉がよく話題になりました。性に関するさまざまな問題について、たくさんの人々が一緒に考える機会を持てたことは、ひとつの成果ではないかと考えています。

 最近、「より速く、より高く、より強く」というオリンピックのモットーに「共に(Together)」が加わりました。国際社会が一致団結して「共に」感染症と闘う必要があることはもちろん、性感染症を含めたあらゆる感染症の患者さんと「共に」生きる社会を作ることも、とても大切です。

 このように、病気の知識だけでなく、性の健康を考えるうえで大切な価値観や社会の出来事も一緒にお伝えしたいと思っています。

Tokyo Sexual Health

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年09月30日
性の健康について情報発信!「Tokyo Sexual Health」で知る正しい知識
2021年09月29日
20年ぶりに脳・心臓疾患の労災認定基準を改正~「労働時間以外」の負荷要因を見直し
2021年09月28日
「うつ病」リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 肥満やメタボが原因の「インスリン抵抗性」が影響
2021年09月28日
「HPVセルフチェックキット」サンプルセットの申込受付中!
Web×郵送で注目を集める子宮頸がん早期スクリーニング検査
2021年09月27日
【新型コロナ】「3つの社会参加」が高齢者のワクチン接種を高める 社会参加・社会的結束・互酬性が大切
2021年09月27日
【新型コロナ】電子タバコも健康への悪影響は深刻 コロナ禍のストレスで女性の喫煙は増加
2021年09月27日
「健康経営銘柄2022」「健康経営優良法人2022」の申請受付中!令和3年度の調査に反映されるポイントをご紹介
2021年09月22日
カラフルな「果物」を食べると肥満やメタボのリスクが減少 認知機能の低下も抑制
2021年09月21日
夫婦で生活スタイルを共有 肥満やメタボは家族で共有しやすい 励まし合い健康改善を
2021年09月21日
【新型コロナ】ワクチンの効果が明らかに ワクチン接種が高齢者の感染を10万人以上、死亡を8,000人以上減少
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶