ニュース

リスク評価実施要領等の見直しについても言及 「令和2年度化学物質のリスク評価検討会報告書」を公表

 厚生労働省はこのほど、職場での化学物質の取り扱いによる健康被害防止をはかるため、化学物質のリスク評価検討会報告書を公表した。

 報告書ではリスク評価の結果とともに、リスク評価実施要領等の見直しについても言及している。

 職場で取り扱っている化学物質の種類は多様で、取り扱う作業も多岐にわたることから、化学物質による職業性疾病の発生は後を絶たない。化学物質の取り扱いによる健康障害を防止するには、事業者が事業場のばく露状況などを把握してリスクを評価し、その結果に基づいてばく露防止対策を講じる必要がある。

 しかし中小企業などでは自立的な化学物質管理が十分には行われていない。そのため平成18年度から国は学識経験者らによる検討会で有害化学物質についてリスク評価を実施。

 リスク評価対象物質の有害性やばく露の評価、リスクの判定などについて検討し、健康障害の発生リスクが特に高い作業についてはリスクに応じて規制するなどしている。

令和2年度は詳細リスク評価として1物質、初期リスク評価として7物質

 今回の詳細リスク評価では、「オルト-フェニレンジアミン」を製造または取り扱っている事業場は、経気道ばく露によって労働者に健康障害を生じさせるリスクが高いと判定された。

 同物質は防さび剤や医薬、顔料、白毛染め料などの用途がある。具体的なリスクとして「ヒトに対しておそらく発がん性がある」としたほか、皮膚刺激性や目に対する重篤な損傷性、皮膚感作性、遺伝毒性などをあげた。

 一方、初期リスク評価では、「1-アリルオキシ-2、3-エポキシプロパン」、「アクロレイン」の2物質で経気道ばく露に関するリスクが高いと判定した。

 また「2-(ジエチルアミノ)エタノール」、「ジエタノールアミン」、「りん酸トリ(オルト-トリル)」、「2-クロロニトロベンゼン」の4物質は、経気道ばく露のリスクは低いとしたものの、経皮吸収のおそれを指摘した。

 残りの1物質「アジピン酸」については経気道ばく露のリスクは低いと判定され、経皮吸収のおそれの指摘もなかった。

 報告書では、これら8物質は有害性が高いことから、速やかに化学物質のリスクアセスメントを行い、その結果に基づいて安衛則第576条、第577条、第593条、第594条等の規定に基づく措置を講ずるなどして、リスクの低減に取り組むことと明記している。

 また職場における化学物質のリスク評価については、「国が行う化学物質等による労働者の健康障害防止に係るリスク評価実施要領」を平成18年に策定。

 この要領に基づいて、有害性評価小検討会で「リスク評価の手法」(平成26年11月改訂)を、ばく露評価小検討会で「労働者の有害物によるばく露評価ガイドライン」(平成21年12月)をそれぞれ策定している。今回は、これらのドキュメントについても見直しが行われた。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年10月13日
リスク評価実施要領等の見直しについても言及 「令和2年度化学物質のリスク評価検討会報告書」を公表
2021年10月12日
【新型コロナ】感染患者の4人に1人に後遺症 女性は倦怠感、味覚・嗅覚障害、脱毛が出やすい 日本人457人を調査
2021年10月12日
女性の肩・腰・手足の慢性的な痛みは、運動・フィットネスで改善できる 週2回以上の運動でメンタルも改善
2021年10月11日
肥満解消を成功させるシンプルな方法 減量に成功してもリバウンド ヨーヨーダイエットは危険
2021年10月11日
ミカンなど柑橘類のポリフェノールが、緑茶カテキンの抗肥満作用を強める 食品の機能的な組み合わせ
2021年10月11日
ロコモ予防の運動効果を上げるために栄養状態が重要 トレーニング前の検査で運動効果を予測できる
2021年10月08日
【健やか21】発達障害ナビポータルの開設について(厚生労働省、文部科学省など)
2021年10月07日
昨年より生活満足度は低下、コロナ前後での比較検討も「満足度・生活の質に関する調査報告書2021」より
2021年10月06日
【新型コロナ】ブレイクスルー感染を防ぐために ワクチン接種後も感染対策は必要 感染研が注意を呼びかけ
2021年10月06日
「職場のハラスメント対策 ~今日的課題と対策~」へるすあっぷ21 10月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶