ニュース

保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」

Amazonでもご購入いただけます
第一線で保健活動に従事する保健師、助産師、看護師、栄養士などに毎年愛用されている「2022年版保健指導ノート」が刊行されました。このノートは前半がスケジュール欄、後半が「資料編」となっています。
最新の公衆衛生の情報を網羅したダイアリーです
  • 保健指導者必携、誕生から40年以上のロングセラー。前半がスケジュール欄、後半が「資料編」の便利な手帳です。
  • 「資料編」は、本会公衆衛生委員会(柳川洋委員長)の監修により、普段から保健指導をされる方にとって必須の知識や最新のデータを毎年更新して掲載しています。
  • 普段から持ち歩く手帳なので、すばやく調べ物をしたいときや基礎的な統計データを確認したいときなど、大変便利です。
  • スケジュール欄は、2022年1月から2023年3月まで使える仕様で、月間タイプと、週間タイプの2通りです。ライフスタイルに合わせてお使いいただけます。
  • ビニールカバー、しおり2本付き

スケジュール欄

年間計画表、月間予定表(カレンダー式、見開き1か月)、週間予定表(バーチカル式、見開き1週間。週数を数えやすい日曜始まり、伝統行事に便利な旧暦併記)、週間・月間行事予定、3年分暦、年齢・干支早見表、国民の祝日、二十四節気、メモ欄

資料編「公衆衛生の現状」

人口・保健統計、母子保健、学校保健、医療保険制度と医療資源、健康づくり、生活習慣病、感染症対策、食品保健、その他の疾病対策、高齢者保健福祉、精神保健福祉、口腔保健、産業保健、インターネットの活用、調査・分析方法、JFPAの活動

資料編監修

一般社団法人日本家族計画協会 公衆衛生委員会
柳川 洋(自治医科大学名誉教授、埼玉県立大学名誉教授)
尾島俊之(浜松医科大学健康社会医学講座教授)
北村邦夫(一般社団法人日本家族計画協会会長/家族計画研究センター所長)
中村好一(自治医科大学地域医療学センター公衆衛生学部門教授)

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶