ニュース

多胎の妊娠サポートが最優秀賞〜健康寿命をのばそう!アワード母子保健分野

 厚生労働省はこのほど、「第10回健康寿命をのばそう!アワード」について生活習慣病予防、介護予防・高齢者生活支援、母子保健の各分野で受賞企業・団体・自治体を決定し、発表した。

 母子保健分野では、厚生労働大臣最優秀賞に選ばれた岐阜県健康福祉部子ども・女性局子育て支援課の「双子等妊娠期サポート事業」をはじめ、11の企業や団体などが表彰された。

「母子保健分野」厚生労働大臣 最優秀賞 岐阜県健康福祉部子ども・女性局子育て支援課の取り組み

 同アワードは生活習慣病予防、介護予防・高齢者生活支援、母子保健の各分野で健やかで心豊かに生活できる社会の実現を目指して優れた取り組みを行っている企業や団体、自治体を表彰する制度。

 今回、母子保健分野で最優秀賞となった岐阜県健康福祉部子ども・女性局子育て支援課の「双子等妊娠期サポート事業」は、県内全ての市町村で多胎の妊娠・出産・育児を支える体制を構築。

 多胎育児の経験があるピアサポーターが多胎妊婦をサポートし、妊娠期を伴走する「ぎふモデル」システムを構築するなどし、誰一人取り残さない支援を実践している。

 事業は活動実績のある「ぎふ多胎ネット」が担い、県と市町村も含めて情報共有や連携して協働。さらなる「ぎふモデル」の拡大と継続を図っている点などが評価された。

 続く厚生労働大臣優秀賞には、企業部門でアトピヨ合同会社の「親子で活用できるアトピー症状管理アプリ「アトピー見える化アプリ−アトピヨ」、団体部門で北海道大学COI『食と健康の達人』拠点の「母子に一番優しいまちの実現(北海道大学COI・岩見沢市)」、自治体部で山梨県甲州市の「母子保健縦断調査(通称甲州プロジェクト)に基づく母子保健・学校保健活動」が選ばれた。

 また厚生労働省子ども家庭局長賞は、7つの企業や団体、自治体が受賞。このうち自治体部門では愛知県小牧市の「子育て世代包括支援センターと児童館が連携した切れ目ない支援体制づくり〜1stアニバーサリー事業をとおして〜」が選ばれた。

 小牧市は子育て世代包括支援センターで、妊娠期から子育て期にわたる切れ目ない子育て支援を実施している。そのような中、市内児童館と連携し、全ての親子が来所するきっかけを持てるよう、生後1年前後の子どもとその親を対象に絵本をプレゼントする事業を企画。

 来所時に育児相談や支援プランの再検討を行い、必要に応じて支援を継続する機会としている。来所時の相談内容は子育て包括支援センターで集約し、関係機関と連携して必要な支援を継続する。来所率100%を目指し、来所しない親子へのフォローや外国語での案内、相談支援なども行っている。

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶