ニュース

中年女性の肥満を予防・改善するための新しいガイドライン 保健指導は女性にも必要 早期の介入が効果的

 40歳~60歳の女性を対象とした、肥満を予防・改善するための新しいガイドラインが、米国で発表された。

 男性だけでなく、女性も加齢にともない、体重は増えやすい。米国では、中年女性の3分の2以上が過体重か肥満だという。

 新しいガイドラインは、女性が過体重や肥満になるまで待つのではなく、健康的な体重のときに女性向けのカウンセリングを行うことで、体重が増え過ぎるのを防ぎ、体重管理を支援することを重視している。

 ガイドラインは、米国産科婦人科学会(ACOG)などが実施している「女性予防サービスイニシアチブ(WPSI)」により、約5万2,000人の中年女性を対象とした臨床研究にもとづき作成された。

中年女性の肥満に対策するための新ガイドライン

 40歳~60歳の女性を対象とした、深刻な病気につながるおそれのある肥満や、不健康な体重増加を予防・改善するための、新しいガイドラインが米国で発表された。

 新しいガイドラインは、中年女性の体重管理に、医師を含めた医療提供者で取り組み、全国の保健グループと連携することを推奨している。

 男性だけでなく、女性も加齢にともない、体重は増えやすい。米国では、中年女性の3分の2以上が過体重か肥満だという。

 「女性は一般的に、中年期に体重が増加するリスクが高いので、肥満とそれに関連する深刻な健康上の問題を防ぐことを目的とした早期の介入がとても重要になります」と、シダーズ-シナイ医療センター産婦人科のキンバリー グレゴリー氏は言う。

 グレゴリー氏は、女性のための医療の質と行動の改善について研究しており、このガイドラインの策定の責任者を務めた。

女性は中年期に体重を年間に0.7kg増やしている  ガイドラインは、米国産科婦人科学会(ACOG)などが実施している「女性予防サービス イニシアチブ(WPSI)」により、約5万2,000人の中年女性を対象とした、7件のランダム化比較試験を含む臨床研究のレビューにもとづき作成された。

 イニシアチブには、米国保健社会福祉省(HHS)や、保健資源サービス管理局も協力しており、女性の生涯にわたる健康を支援している全国の医療専門家や、患者やその家族なども参加している。

 研究によると、女性は中年期に体重を、年間に平均して約0.7kg(1.5ポンド)増やしており、体格指数(BMI)が上昇し、過体重や肥満に移行するリスクが高くなる。

 新しいガイドラインは、女性が過体重や肥満になるまで待つのではなく、健康的な体重のときに女性向けのカウンセリングを行うことで、体重が増え過ぎるのを防ぎ、体重管理を支援することを重視している。

 米国疾病管理予防センター(CDC)によると、肥満は米国で蔓延しており、成人の42%は体格指数(BMI)が30を超える肥満だという。目標とすべき健康的なBMIは18.5~25で、BMI25~30は過体重と判定される。

保健指導

1人ひとりの女性の生活スタイルを尊重 無理のない計画を

 「女性は中年期を過ぎると、更年期や加齢にともなう生理的変化により、重度の肥満になるリスクが高まります」と、同センター外科で肥満医学を研究しているアマンダ ベラスケス部長は言う。

 「大幅な体重増加は、心血管疾患、高血圧、2型糖尿病、脂肪肝疾患、さらには子宮体がん・卵巣がん・乳がんなど、さまざまな部位のがんを発症するリスクを上昇させます。そのため、BMIが標準から過体重の中年女性を対象に、早期から体重増加を抑える必要性について的確なアドバイスを提供することが重要となります」としている。

 カウンセリングは、健康的な食事と運動の習慣化について、1人ひとりの女性の好みや生活スタイルを尊重しながら、個別に話しあいながら支援することを重視している。

 食事と運動などの生活スタイルの改善だけでなく、▼仕事など社会経済的状態、▼慢性的なストレスやトラウマなどの要因についても配慮する必要がある。また、▼体重に関する偏見、▼身体イメージに関する文化的傾向、▼身体組成の個人差、▼運動・身体活動のための安全な場所へのアクセスのしやすさ、▼余暇時間の過ごし方、▼健康食品へのアクセスのしやすさ、▼育児や介護、家事などにも配慮した内容になっている。

生活スタイルの改善は早いほど良い でも開始が遅過ぎることもない

 「これまでの多くの研究と推奨事項は、すでに過体重や肥満になっている女性に、肥満の弊害についてご説明し、体重管理のためのツールを提供することに焦点を当てていました」と、ベラスケス氏は言う。

 「しかし、新しいガイドラインでは標準体重の女性に対しても、より早期からの予防戦略として、体重増加と肥満のリスクを抑制する効果的なツールを提供し、肥満対策に取り組みはじめることを強く奨励しています」

 中年期の女性の将来の体重増加を防ぐための行動カウンセリングによるアプローチが、適切な体重減少をもたらす可能性があることは、これまでの研究でも示されている。

 「体重管理は生涯にわたる旅であり、健康への投資でもあります。利用できる手助けもたくさんあることをご理解いただきたいと思っています」と、肥満と体重管理の専門家であるベラスケス氏は述べている。

 「健康増進に取り組むには遅過ぎると思い込んだり、あきらめないでください。生活スタイルの改善を開始するのに遅過ぎることはありません。個々の生活スタイルを尊重しながら、計画をたててもらい、医療提供者が丁寧に説明することで、成功に導くことができます」。

 「コミュニティを提供するサポートグループ、行動カウンセリング、栄養カウンセリング、肥満症の新しい治療薬など、体重管理のために利用可能なツールは増えています。BMIが40を超える高度の肥満症の女性にとっては、外科的な介入をする選択肢もあります」と、ベラスケス氏は指摘している。

New national guidelines aim to prevent obesity in midlife women (シダーズ-シナイ医療センター 2022年8月2日)
Preventing Obesity in Midlife Women: A Recommendation From the Women's Preventive Services Initiative (Annals of Internal Medicine 2022年8月2日)
女性予防サービスイニシアチブ (WPSI)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2022年08月16日
食事指導を個別化し肥満やメタボを改善 1人ひとりの好みやスタイルに合わせた食事プログラム
2022年08月16日
中年女性の肥満を予防・改善するための新しいガイドライン 保健指導は女性にも必要 早期の介入が効果的
2022年08月16日
【新型コロナ】「子供のメンタルヘルス」を改善 大人のワクチン接種や社会経済的な環境が影響
2022年08月16日
【新型コロナ】家庭内暴力など家族の問題が増加 児童虐待の不安はどういう人に起こりやすい?
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
2022年08月01日
【新型コロナ】モデルナのワクチンの3回目接種後の副反応は2回目に比べ減少 高齢者の1割は免疫反応がきわめて弱い
2022年08月01日
【新型コロナ】唾液中のタンパク質にコロナ感染を防止する効果 唾液を減らさないことが大切
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶