ニュース

児童・生徒の視力が低下 小学校1年生の4人に1人が視力1.0未満-令和3年度学校保険統計調査(速報値)

 文部科学省はこのほど、令和3年度学校保険統計調査(速報値)を公表した。

 小学校1年生の約4人に1人の割合で裸眼視力が1.0に満たないなど視力の低下が明らかになっている。一方、むし歯(う歯)の割合は減少傾向にある。

令和3年度の学校保険統計調査(速報値)を公開

 対象は全国の5歳から17歳までの子どもで、幼稚園や学校等で実施されている健康診断の結果に基づき、身長や体重、疾病・異常の有無を調査するもの。発育や健康の状態を明らかにすることを目的に、毎年実施している。

 令和2年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響で、通常は4月から6月にかけて実施される健康診断が年度末までの実施に延長された。そのため同調査も2021年4月から22年3月末までと調査期間を延ばし、全国の幼稚園、小・中・高校などから発育調査で5.3%、健康調査で25.5%を抽出した。

 文科省は、例年とは測定時期が異なるデータが集計されているため、過去の数値との単純比較はできない、としている。

 今回の調査では、裸眼視力1.0未満の児童生徒の割合は、年齢が高くなるにつれて、おおむね増加傾向にあり、小1で約4人に1人、小3で約3人に1人、小6では約半数に上ることが明らかになった。文科省では令和4年度も前年度に引き続き、全国の小中学生を対象にした近視実態調査を実施し、視力低下の詳細を明らかにするとともに、有効な対策を検討していくという。

 むし歯(う歯)の児童生徒の割合は減少傾向にあり、幼稚園で26.49%、小学校で39.04%、中学校で30.38%、高校で39.77%。測定時期が異なる関係で単純比較はできないものの、これまでで最も低い。

 また鼻・副鼻腔疾患の者の割合は小中学校で1割程度だった。

 一方、身長の平均値は1994年度から2001年度まで、体重の平均値は1998年度から2006年度まで上昇していたものの、その後、横ばい傾向が続いている。

 肥満度が20%以上である「肥満傾向児」の割合は、男子で小5および中1の12.58%、女子で小6の9.42%がそれぞれ最も高かった。

 一方、肥満度が−20%以下の「痩身傾向児」の割合は男女ともに小5以降、おおむね2、3%台。最も多いのは、男子が高1の4.02%、女子が中1の3.55%だった。確定値は11月に公表される予定。

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年09月20日
【新型コロナ】コロナ禍で介護の負担感が増加 家族介護者のメンタルヘルス不調は1.9倍に上昇
2022年09月20日
【新型コロナ】認知症リスクがコロナ感染後に2倍近くに上昇 医療のさらなる逼迫を懸念
2022年09月20日
「抗菌薬」や「薬剤耐性(AMR)」の説明は「かかりつけ医」から 良好な対話が正しい知識を広める
2022年09月20日
妊娠中に発酵食品を食べると生まれた子供は睡眠不足が少ない? 母親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2022年09月15日
ライフステージに応じた少子化対策を〜少子化社会対策大綱の推進に関する検討会中間評価
2022年09月12日
【新型コロナ】感染しやすいのはどんな場所? 食料品店・薬局・公園は高リスク 新型コロナとの共存を目指す
2022年09月12日
【新型コロナ】うつ・不安・ストレスなど「精神的苦痛」が新型コロナ長期化のリスクを46%高める
2022年09月12日
野菜と果物をよく食べている人は死亡リスクが低い 日本人9.5万人を20年間調査
2022年09月12日
趣味をもつことが認知症の予防になる 楽しみのための活動はアルツハイマー病リスクを減少
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶