ニュース

改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書

 厚生労働省はこのほど、健康日本21(第二次)の最終評価報告書を公表した。

 設定されていた53項目の目標のうち、約5割が「目標値に達した」もしくは「現時点で目標値に達していないが、改善傾向にある」を占めた一方、約3割が「変わらない」と「悪化している」にとどまり課題を残した。

 この最終評価は令和6年度以降の次期国民健康づくり運動プランに向けた議論に反映される。

53項目を5段階で評価 改善が見られたものは約5割

 健康日本21は、国が平成12(2000)年度から平成24(2012)年度までを計画期間とした「21世紀における国民健康づくり運動」。がんや虚血性心疾患、脳血管疾患、糖尿病など生活習慣病患者の割合が増加する中、その原因となる生活習慣の改善などについて課題と目標を設定し、取り組みを進めてきた。

 「全ての国民が共に支え合い、健康で幸せに暮らせる社会」として平成25(2013)年4月から健康日本21(第二次)を開始。「健康寿命の延伸と健康格差の縮小」「健康を支え、守るための社会環境の整備」など5つの基本方針を定めつつ、53項目の目標を設定しており、このたび第二次の最終評価告書が取りまとめられた。

 53項目の目標はそれぞれ、A「目標値に達した」、B「現時点で目標値に達していないが、改善傾向にある」、C「変わらない」、D「悪化している」、E「評価困難」の5段階で評価。

出典:厚生労働省、2022年10月

A「目標値に達した項目」は以下の8項目。

・健康寿命の延伸(日常生活に制限のない期間の平均の延伸)
・75歳未満のがんの年齢調整死亡率の減少(10万人当たり)
・脳血管疾患・虚血性心疾患の年齢調整死亡率の減少(10万人当たり)
・血糖コントロール指標におけるコントロール不者の割合の減少 (HbA1cがJDS値8.0%(NGSP値 8.4%)以上の者の割合の減少)
・小児人口10万人当たりの小児科医・児童精神科医師の割合の増加
・認知症サポーター数の増加
・低栄養傾向(BMI20以下)の高齢者の割合の増加の抑制
・共食の増加(食事を1人で食べる子どもの割合の減少)

D「悪化している項目」は、以下の4項目。

・メタボリックシンドロームの該当者及び予備群の減少
・適正体重の子どもの増加
・睡眠による休養を十分とれていない者の割合の減少
・生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者(一日当たりの純アルコール摂取量が男性40g以上、女性20g以上の者)の割合の減少

 このうち「メタボリックシンドロームの該当者及び予備軍」は、最終評価時点の令和元(2019)年度で約1,516万人。目標がベースラインの1,400万人(平成20年度)から25%減少だったのに対して結果は増加しており、悪化の評価となった。

 また「睡眠による休養を十分とれていない者の割合(20歳以上)」は、最終評価時の平成30(2018)年で21.7%。こちらも目標値の15%に達しなかっただけではなく、ベースラインの18.4%(平成21年)と比べて悪化していた。

 最終評価では、令和6年度以降の次期国民健康づくり運動プラン(時期プラン)に向けた課題も整理。「社会環境整備等を通じ、健康無関心層を含めた健康づくり施策を更に進めていくための方策についてどのように考えるか」、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大による生活習慣の変化等を踏まえた健康づくり施策についてどのように考えるか」などいくつか課題を挙げたうえで、方向性を検討していくという。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2022年11月22日
特定健診を受けた日に健康相談が受けられるサービスを開始 健診結果に関わらず保健師などが対応 京都府
2022年11月22日
高齢者の「精神的フレイル」を簡易に検査 うつや不安症を尿検査で判定できる可能性 早期介入で改善
2022年11月21日
「果物」を食べるとうつ病リスクが3分の1に減少 フラボノイドなどの果物の天然成分がうつに予防的に働く?
2022年11月21日
健康管理アプリは医療者や専門職による支援・サポートが加わると効果的 アプリのみだと効果なし
2022年11月17日
あなたと地球の健康のために禁煙を!~市民公開講演会・参加者募集中(参加費無料)~
―全国生活習慣病予防月間2023ー
2022年11月15日
【新コーナー】働く人に伝えたい!薬との付き合い方/日本産業衛生学会 全国協議会レポートなど 「トピックス・レポート」より
2022年11月14日
保健指導を受けた人は自分の食事は健康的になったと過大評価しがち 実際には大きな変化はなし
2022年11月14日
【新型コロナ】子供の運動不足も深刻 動作時のバランス能力が低下 不規則な生活やスクリーンタイムは増加
2022年11月14日
「慢性腎臓病(CKD)」は新たな国民病 「GFR値59以下の人は医師に相談を」と呼びかけ 腎臓病協会など
2022年11月14日
日本初の全世代に対応した「遠隔メンタルヘルスケア」 若年者のメンタルヘルスに焦点 精神・神経医療研究センターなど
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶