ニュース

40歳未満の健診情報もマイナポータルで確認・閲覧可能へ
若年世代からの生活習慣病予防・健康づくりを


 厚生労働省は、「40歳未満の事業主健診情報の活用促進に関する検討会」を設置し、11月に『とりまとめ』を公表した。

 現在、40歳未満の企業による従業員の健康診断の情報も2023年度中にマイナンバーとひも付けし、マイナポータルで確認できるようにシステムの整備を進めている。この検討会では、それに向けて周知の方法や効率的な情報共有を行うための取り組みなどについて議論され、とりまとめが行われた。

若年世代からの生活習慣改善に期待

 40歳以上を対象とした企業の従業員に対する特定健診、事業主健診の結果は、保険者が活用することができる。一方、40歳未満は、今年1月から保健康保険法改正によって、40歳以上と同様に健康情報を保険者に提供し、共有する法的な枠組みも整備された。

 40歳以上が対象の特定保健指導で、「40歳を過ぎて肥満や高血圧になってしまってから指導をするより、もっと若いときからアドバイスし、セルフケアができていたら......」という声を保健指導の専門職から聞くことがあった。この制度改正によって、40歳未満の従業員の健康づくりや生活習慣病予防対策としてデータを活用できるようになる。

 例えば「この生活を続けると10年後に血圧が大きく上がる可能性がある」「現在の生活習慣を改善すれば、肥満になる可能性をこれだけ下げられる」などを分析し、将来の病気予防につなげる。また業種ごとにどういう特性があり、健康の側面から働き方をどう見直していくかも検討できる。
 2023年度からはマイナポータルにおいて、本人も健診情報を確認できるようになるため、自分の生活習慣改善につながることも期待される。

[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関するニュース

2022年12月20日
健診で「腎臓病」を指摘されても、医療機関で診断を受けたのは5年以上も後 理解促進と対話の場が必要
2022年12月15日
日本産業保健師会が「新任期産業保健師養成研修」「産業保健師リーダー養成研修」を開催 
参加型研修を重視し、キャリアラダーに基づいた産業保健師のための研修会
2022年12月12日
13種類のがんを1回の血液検査で発見できる次世代診断システム 「がんの種類」を高精度で区別 がん研究センターなど
2022年12月06日
40歳未満の健診情報もマイナポータルで確認・閲覧可能へ
若年世代からの生活習慣病予防・健康づくりを
2022年11月29日
「肥満の人は生活がだらしなく自己管理ができない」は誤解 日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン2022」
2022年11月22日
特定健診を受けた日に健康相談が受けられるサービスを開始 健診結果に関わらず保健師などが対応 京都府
2022年11月22日
高齢者の「精神的フレイル」を簡易に検査 うつや不安症を尿検査で判定できる可能性 早期介入で改善
2022年11月14日
「慢性腎臓病(CKD)」は新たな国民病 「GFR値59以下の人は医師に相談を」と呼びかけ 腎臓病協会など
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶