オピニオン/保健指導あれこれ
「間食指導」で考える生活習慣改善アセスメント ~行動変容ステージに応じた成功アプローチを伝授します!

No.2 関心期:“減らそうとは思っているよ、でもさぁ! ”

神奈川県立保健福祉大学プライマリー栄養ケア研究室
佐野 喜子
第2回:関心期
“減らそうとは思っているよ、でもさぁ! ” (4)

支援のポイント

 従来の保健指導では、「健康行動にはメリットがある」ことが大前提でした。しかし、仕事や人間関係の方が優先で「自分の健康は二の次」と考えている人は少なくありません。いきなり、指導者の価値観や常識を押しつけるのではなく、相談者の生活ポリシーを認めた上で、疾病の予防や健康行動について、どのように考えているのかを確認します。次に、本人の持っている情報を整理しながら、よい方向へ傾くように働きかけを行います。

1)対象者の間食の捉え方や現状況を理解する
 対象者の考え方や言い訳に対し、いきなり生活改善の必要性を説いても、対象者の抵抗や支援者への不信が募るだけです。
 ⇒まずは、対象者の捉え方や言い訳を否定せずに聞き、現状を理解します。

2)対象者に、生活改善に対する不安や、抵抗の要因に気づいてもらう
 ⇒一方的に聞き出すのではなく、対象者を主体に経過を振り返りながら現在の状況を整理します。

3)現在の状況が判断できる情報提供を行う
 気づきのきっかけになれば…と、指導者が一方的に沢山の情報提供を行うと対象者の反発心が高まります。
 ⇒データの見方などの科学的事実を伝えたり、残念にも合併症に至った例や成功例を紹介し、今がチャンスであることに気づいてもらいます。

まとめ

 特定保健指導では「効果を出すこと」が求められています。しかしこの段階(関心期)では、まず本人の状況を確認し、迷っている段階であることを理解します。「効果」を急ぎ過ぎると、負担感を感じて前に一歩を踏み出すことができません。人の気持ちの変化には、振り返りやきっかけが足がかりになります。経過をたどりながら、本人と共に状況を整理していくことで、抵抗する気持ちの要因に気づいてもらったり、生活改善の必要性を感じ、前向きな気持ちになってもらうことを優先します。その合間に、現在の状況が判断できる情報提供を行うことで、生活改善への動機づけを進めていきます。

 次回は、やっとやる気になり、これからがんばろう!という「準備期」の人に対するアプローチを検証していきます。

「栄養/食生活」に関するニュース

2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
2021年06月08日
夏野菜「トマト」が肥満とメタボのリスクを低下 リコピンやβカロテンで血管を健康に
2021年06月08日
高齢者が地域で活用できるパンフレット「おいしく食べて低栄養予防」 栄養状態を自分で把握できる 通いの場などで活用
2021年06月07日
肥満が歯周病を悪化させるメカニズムを解明 腸内フローラが不健康だと歯周病も悪化しやすい
2021年06月01日
アルコールを少し飲み過ぎただけで肥満・メタボのリスクは上昇 標準的なアルコール量はどれくらい?
2021年06月01日
糖質の摂り過ぎが恐いのは肥満だけではない 加糖飲料が50歳未満の女性の大腸がんリスクを上昇
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月26日
20歳以降の「体重10kg以上増」は高血圧・脂質異常症・高尿酸血症・メタボと関連 日本人3万人超を調査
2021年05月25日
余命を縮める最大の原因は喫煙と糖尿病 健康的な食事と運動などの生活スタイルは人を幸せにする
2021年05月25日
外食やテイクアウトのメニューにカロリー表示を 健康的な食品を選べて肥満やメタボのリスクも低下
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶