ニュース

保健師活動の本質は「アウトリーチ」と「社会福祉」が基本

 第1回日本公衆衛生看護学会学術集会が1月14日、首都大学東京荒川キャンパス(東京・足立)で開催された。同学術集会は、全国地域保健師学術集会と第1回日本保健師学術集会の流れを受け、教育・行政・産業・学校保健などの分野の保健師が力を合わせ、新たな公衆衛生看護の領域確立のための活動と情報発信を目的としている。

 学術集会当日は雪が降りしきる中、想定を上回る600名以上と多くの参加者が集まり、シンポジウムやワークショップなどで公衆衛生活動の基盤となる研究活動や基礎教育、現認教育活動等について活発な意見交換が行われた。

 学術集会会長の佐伯和子氏(北海道大学大学院保健科学研究院 教授)は講演で、「新しい公衆衛生看護の創造」と題し、これまでの歴史と法律の中で保健師の発展と活動の拡大を振り返り、保健師活動の本質は生活の場への「アウトリーチ」と「社会福祉」が基本とした。また、公衆衛生看護学を活動の根拠となる学問にするとともに、複雑化する健康課題に対応するための人材育成・教育などが大切とした。

 シンポジウム「保健師活動の過去から未来を語る」では、教育・地域・産業の現場からみた保健師活動について、3人シンポジストから発言があった。

 大場エミ氏(社会福祉法人恩賜財団 母子愛育会)は、地域保健を取り巻く環境が変化する中、少子高齢化、児童虐待や高齢者の孤独氏の増加、自殺などの対策について、地域住民が支えあう「ソーシャル・キャピタル」構築が必要であるとした。

 亀ヶ谷律子氏(HSプランニング)は、保健師活動は、現場における実践から学ぶことが多いため、経験した事例を積み重ね共有することで活動の質を向上できるとしている。また、同業他職種だけでなく他業種・多資源との連携も必要としている。

 田中淳子氏(豊中市健康福祉部保健所保健予防課)は、地域の健康を守る役割として重要なのは、保健師活動の基礎となる訪問活動や地域住民との対話とし、地域に根付いた活動を基本とした取り組みを行っていることを報告した。

 また、3演者とも、保健師活動の基礎となる訪問活動で住民の生の声を聞くことの重要性を確認するとともに、現場で役に立つ教育システムの確立が必要であるとした。

第1回日本公衆衛生看護学会学術集会
日本公衆衛生看護学会

[soshinsha]

「地域保健」に関するニュース

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶