ニュース

仕事のストレスで心臓病リスクが上昇 生活習慣改善が効果的

 狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患はストレスと深い関係にある。仕事のストレスと不健康な生活習慣がある人は、そうでない人に比べ冠動脈疾患のリスクが2倍に上昇するとの調査結果を、英国ロンドン大学ユニバーシティカレッジが発表した。一方で、仕事のストレスはあっても、健康的な生活習慣のある人では、冠動脈疾患リスクは低下することが示された。

 冠動脈疾患は、心臓をとりまく冠動脈の内壁に、コレステロール(脂肪)などが徐々に沈着し血管の内腔を狭め、血管に流れる血液量が減少して、十分な酸素や栄養素を心筋に供給できなくなる病気。冠動脈疾患の危険因子は、不健康な食事や運動不足などの生活習慣だ。喫煙や飲酒量の増加なども、冠動脈疾患の一因となる。

 冠動脈疾患の発症を予測する上で、仕事のストレスは大きな要因となる。研究は、仕事上のストレスが冠動脈疾患に及ぼす影響を、健康的な生活習慣で軽減することができるかどうかを検討したもの。研究チームは、イギリス、フランス、ベルギー、スウェーデン、フィンランドなど7地域で行われたコホート研究を解析した。冠動脈疾患の既往歴のない17~70歳(平均44.3歳)の男女10万2,128人を、1985年から2000年までの15年間追跡して調査した。

 ストレスがかかると、自律神経である交感神経の働きが高まり、ホルモンがより多く分泌されるようになる。緊張したり、怒りを感じたりするときなどに交感神経が活性化され、脈が速くなり、血圧が上昇する。また、血液の粘りが強くなり血栓ができやすくなり、冠動脈の硬化や閉塞が起こりやすくなる。

 参加者のうち1万5,986名(16%)が仕事上のストレスがあると報告した。研究者は、喫煙・アルコール消費量・運動不足と肥満度(BMI)に基づいて、生活習慣カテゴリを次のように設定した。▽生活習慣危険因子のない「健康的な生活習慣」、▽危険因子が1つある「中程度に健康的な生活習慣」、▽生活習慣危険因子が2~4つある「不健康な生活習慣」。

 期間中に計1,086名が、冠動脈疾患の症状を発症した。冠動脈疾患の10年間罹患率は、仕事による精神的ストレスがある人では1,000人につき18.4人だったが、精神的ストレスが無い人では14.7人だった。不健康な生活習慣がある人の10年罹患率(1,000人あたり30.6人)は、健康的な生活習慣がある人(1,000人あたり12.0人)の2倍以上に上昇した。

 仕事による精神的ストレスも冠動脈疾患の危険要因になる。精神的ストレスと不健康な生活習慣の両方がある人の罹患率は1,000人あたり31.2人だったのに比べ、仕事の精神的ストレスはあるが健康的な生活習慣を送っている人の罹患率は14.7人に抑えられていた。

 「冠動脈疾患のリスクは、仕事による精神的ストレスと不健康な生活習慣がある参加者でもっとも高いという結果になりました。仕事による精神的ストレスはあるが、健康的な生活習慣をおくる人がこの病気にかかる率は、そのほぼ半分に抑えられました。仕事で精神的ストレスを抱えていても、食事や運動などの生活習慣を健康的に変えていけば、冠動脈疾患リスクを減らすことができることが示されています」と、ロンドン大学ユニバーシティーカレッジのミカ キヴィマキ氏(疫学・公衆衛生学)は述べている。

 「ストレス対処法は人によりさまざまですが、ふだんからストレスを感じやすい人は対処法を身につけておくと良いでしょう。また、生活習慣の危険因子を減らす対策をすると良いかもしれません。仕事上で精神的ストレスを抱えている人は、医師に相談してストレスカウンセリングを受けることも有用です」と研究チームは結論づけている。

Associations of job strain and lifestyle risk factors with risk of coronary artery disease: a meta-analysis of individual participant data(カナダ医師会 2013年5月13日)

[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶