ニュース

地中海式ダイエットが女性の健康寿命を延ばす 70歳を過ぎても健康

 健康に良いとされる地中海式ダイエットが、女性の健康長寿を後押しする。地中海式ダイエットを続けた女性は、70歳を過ぎても健康である割合が40%に上るという調査結果が発表された。

 地中海式ダイエットは、地中海沿岸を中心にみられる伝統的な食事で、健康的な食事スタイルとして世界的に注目されている。イタリアやフィンランドなど11ヵ国で行われた研究で、冠動脈疾患の予防効果があり、死亡率を低下させることが示され、注目されるようになった。(JAMA 2004; 292: 1433-1439)。

 地中海式ダイエットは、以下の特徴があてはまる食事スタイルとされている――
・野菜、果物、穀類、豆類、ナッツ類など、植物性の食品を豊富に食べる。
・穀類は精製されていない全粒粉や玄米を食べる。
・オリーブ油を豊富にとる。牛脂や豚脂など、飽和脂肪酸の多い動物油を控える。
・魚を週に2回以上食べる。
・チーズやヨーグルトなどの乳製品を適量とる。
・牛肉や豚肉などの赤身肉は控える。
・食事とともに適量のワインを飲む。

 フランス国立保健医学研究所のセシリア サミエリ氏ら研究チームは、米国の50歳後半から60歳前半の看護師1万670人を対象に調査を行った。参加者は、1984~1986年の時点で2型糖尿病や心臓病などを発症していない層で、その後15年間追跡して調査し、生活習慣病の発症や、食事・運動などの生活スタイルとの関連を調べた。

 この研究は、米国立がん研究所と米国立衛生研究所(NIH)により資金提供を受けて行われ、米国内科学会が発行する医学誌に11月5日付けで発表された。

 女性の健康を損なう要因は、「高血圧」、「高血糖」、「高コレステロール」、「肥満」、「運動不足」の5つだ。研究チームによると、5つの要因のスコアがすべて良好な女性は11%に過ぎなかったという。また、女性の3分の2は生活習慣病を発症し、12%は心臓病、8%は糖尿病、6%は乳がんを発症していた。

 もっとも健康的で、健康寿命が長かったのは、地中海式ダイエットを続けていた女性だった。地中海式ダイエットを続けた女性は、70歳を過ぎても40%の人が生活習慣病を発症しなかった。

 今回の研究は女性を対象とした観察研究だったが、地中海式ダイエットのメリットは男性にもあてはまるだろうと予測されている。

 地中海式ダイエットと糖尿病の発症リスクとの関連を調べた約1万3,000人を対象としたスペインの研究では、地中海式ダイエットのスコアが高いグループでは、糖尿病の発症リスクが80%以上低下することが判明した(BMJ 2008; 336: 1348-51)。

 「地中海式ダイエットに関する研究は世界的に増えています。季節ごとにとれる旬の食物を取り入れ、気候や地形の多様性を利用する食事スタイルは受け入れやすいのです。野菜をたっぷり食べる、果物をたっぷり食べる、精製されていない全粒粉を選ぶ、食塩の摂取を減らすといった食事スタイルは、すべての人に勧められます」と、サミエリ氏は述べている。

The Association Between Dietary Patterns at Midlife and Health in Aging: An Observational Study(journal Annals of Internal Medicine 2013年11月5日)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ストレス負荷に対する生体応答を調査
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶