ニュース

1型糖尿病への理解を広める絵本を制作 日本IDDMネットワーク

 NPO法人「日本IDDMネットワーク」は、1型糖尿病についての理解を広めようと、絵本を制作した。本の収益は1型糖尿病の根治に向けた研究費の助成に活用する。
1型糖尿病についてもっと知って欲しい
 1型糖尿病は、膵臓のβ細胞が破壊されることで発症する疾患。2型糖尿病と異なり、生活習慣や肥満と関係なく発症する。自己免疫疾患(免疫機能が自分のからだに対して働いてしまう病気)が主な原因と考えられている。

 1型糖尿病では、インスリン分泌が絶対的に欠乏するので、生命維持のためにインスリン治療が不可欠となる。2型糖尿病に比べ患者数が少ないので、どのような疾患か一般にはあまり知られていないのが現状だ。

 そこで、同法人は、病気についての理解を広めようと、絵本を企画。3歳で発症した女の子「はなちゃん」を主人公とした『はなちゃんとチクリとびょうきのおはなし』、『パパとママとはなちゃんのおはなし』など、3種類を製作した。

 はなちゃんと両親が1型糖尿病に向き合い、困難を乗り越えていく姿を、わかりやすいイラストを交えながら描いている。全巻、日本語と英語で表記している。

1型糖尿病の絵本 はなちゃんとびょうきのおはなし
(1)はなちゃんとチクリとびょうきのおはなし
(2)パパとママとはなちゃんのおはなし
(3)CURABLE by 2025! 1型糖尿病を2025年までに治します!
(4)はなちゃんとびょうきのおはなし 3巻セット
 作家で映画監督の村上龍氏はこの絵本を、「私たちは、1型糖尿病について、もっと知る必要があります。患者さんとそのご家族のためだけではなく、私たち自身と社会のために、知る必要があるのです」と推薦している。

 税別価格は1?2巻は1冊1,000円、3巻は1,200円、3冊セットで3,000円。「日本IDDMネットワーク」の会員になると、それぞれ800円、1,000円、2,400円に値引きする。

 「日本IDDMネットワーク」は、1型糖尿病の患者と家族を支援する活動を1995年より展開している。1型糖尿病の治療についての実践的な知識をまとめた冊子「1型糖尿病[IDDM]お役立ちマニュアル」の作成・配布や、災害時の支援対策などをまとめた情報を公開しているのに加え、1型糖尿病根治に向けた研究開発を促進する目的で「1型糖尿病研究基金」を2005年に設立した。

NPO法人 日本IDDMネットワーク

[soshinsha]

「学校保健」に関するニュース

2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学
2021年01月08日
【新型コロナ】日本でワクチン接種はいつ開始される? COVID-19ワクチンは本当に安全?
2021年01月05日
【新型コロナ】「新宿歌舞伎町のホストクラブで感染拡大」は本当か? 従業員対象の実態調査 国立感染研が中間報告
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶