ニュース

デスクワーク中心の人の運動不足を解消 運動は生産性も高める

 「健康のために運動をした方が良い」と頭で理解していても、「なかなか時間をとれない」という人は多い。仕事に使うワークステーションに運動器具を取り付ければ、いつでも運動できるようになり、仕事の生産性も高まるという研究が発表された。
デスクワークが中心の労働者には運動が必要
 トレッドミルは、屋内でウォーキングやランニングを行うための健康器具としておなじみだ。机にトレッドミルを設置し「トレッドミルワークステーション」を作ると、運動不足を解消できるだけでなく、仕事の能率も向上することが判明した。

 この研究は、テキサス大学、メイヨークリニック、ミネソタ大学の研究者が参加した産学連携学際プログラムとして実施された。結果はオープンアクセスの科学誌「PLoS One」に発表された。

 研究チームは、トレッドミルと机が合体したワークステーションを開発し、従業員200人規模の非営利の金融サービス業を営む会社に協力してもらい、オフィスに据え付けた。

 完成した「トレッドミルワークステーション」は、通常は机として使え、座ったまま作業できるが、ボタンをひと押しすると天板の部分が持ち上がり、トレッドミルに早変わりするというものだ。

 デスクワークが中心で、日中は体を動かす時間が少ない従業員40人に参加してもらった。参加者に52週間、その机で仕事をしてもらい、活動量計を身に付けてもらい身体活動と消費エネルギーを計測した。

 参加者は、座る、立つ、歩くという好きなスタイルで仕事をできるようになっていた。勤務時間中に、時速3.2km(2マイル)までという制限を付けて、自由にウォーキングをできるようにした。

 その結果、トレッドミルワークステーションを使った参加者は、そうでない人に比べ、1日の身体活動量が平均して74kcal増えていた。

 体重70kgの人がゆっくり30分歩くと、約90kcalを消費できる。1年間続ければ3万2,000kcalを燃焼できる計算になる。

運動することで労働生産性も向上
 「トレッドミルで運動した参加者は活動的になっただけではありません。驚くことに労働生産性も向上したのです」と、テキサス大学のダーラ ハーマン准教授(社会学)は話す。

 参加者に仕事の能率について自己評価してもらったところ、職場の平均が7.5ポイントだったのが、トレッドミルを使った参加者は52週後に最大で1.5ポイント近く上昇していた。

 運動には、カロリーの摂取量と消費量のバランスを改善し、減量の効果がある。糖尿病や高血圧症、脂質異常症の予防・改善の効果もある。

 運動すると爽快感を得られ、活動的になることを実感している人は多いだろう。運動がもたらす恩恵はそれにとどまらない。運動することで、脳内の神経伝達物質の活動が活発になり、ストレスに強くなることが過去の研究で確かめられている。

 仕事中に運動の要素を取り入れると運動不足を解消できるかもしれないが、仕事中に運動するのは無理だという人がほとんどだ。「今回の研究は、職場に運動器具を設置するなどの社員の福利厚生プログラムは、生産性向上の点でも効果的であることを裏付ける結果になりました」と、テキサス大学のデイビッド コージー准教授は話す。

 「企業の生産性を向上するために、コンピュータやITツールを拡充し対策する企業は多いのですが、従業員の健康管理をしっかり行い、運動を奨励することが、結果的には企業の収益増加につながる可能性があります」と指摘している。

Ut Arlington Research Says Treadmill Workstation Benefits Employees, Employers(テキサス大学 2014年3月12日)
Treadmill Workstations: The Effects of Walking while Working on Physical Activity and Work Performance(PLoS One 2014年2月20日)

[Terahata]

「運動」に関するニュース

2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月07日
「少食+運動不足」の女性は健康リスクが高い 運動習慣のない人も取り組みやすい「女性のためのエクササイズ」動画を公開
2021年12月07日
筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる 運動を意識して行い、筋肉の量と機能の低下を防ぐ
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月16日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動でうつや不安を解消 座ったままの時間が長いとうつリスクが上昇
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月08日
音楽に合わせた軽めの運動が認知機能や気分を向上 「運動は、少し動きを速くして休憩を挟みながら行うと、より楽しく快適に」
2021年11月05日
「脳・心臓疾患の労災認定基準改正 働き方改革の一層の推進へ」へるすあっぷ21 11月号
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶