ニュース

いわゆる「新型うつ」を考える 「へるすあっぷ21」4月号


「へるすあっぷ21」4月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」4月号をご紹介致します。

 今号の特集は「いわゆる「新型うつ」を考える」。

 従来型のうつ病とは異なるタイプとして注目を集める「新型うつ」。

 学術的な定義はなく、「甘え」「怠け」などの批判もあり、企業は対応に苦慮している現状があります。

 「新型うつ」に関する専門家の見解や職場での対応についてまとめ紹介しています。

 「新型うつ」を理解する

 「新型うつ」に関するQ&A

 職場でどう対応する?
  ~「新型うつ」への処方箋~

「へるすあっぷ21」4月号
株式会社法研  

 

【目次】

■THE ROAD TO 健康長寿社会
 ICTで笑顔広がる街づくり"スマイル松山プロジェクト"<愛媛県松山市>

■最新医療情報
 自閉症スペクトラム障害に治療薬の可能性

■それぞれの終末期 INTERVIEW
 クリニック川越院長 川越厚さん

■疑問に答える!データヘルス
 おさらい データヘルスって何?

■霞ヶ関発・健康づくり大キャンペーン推進中!!
 平成26年度予算 がん対策・健康増進関係の注目施策

■読者アンケート報告 <テーマ:がん検診>

■今日から実践!健康支援・魅力アップのヒント 加倉井さおり
 Vol.1勇気づけの個別支援 相手を勇気づけられる人は、どんな人だと思いますか?

■ケース別 ストレスマネジメント 佐藤恵美
 同僚と気まずくなり、気が重い...

■けんぽREPORT
 内田洋行健康保険組合
 健康経営の実現に向けて保健事業改革に着手

■SELFCARE TREND
 血管若返り術

■みんなの食育 小島美和子
 献立の基本ルールをおさえよう!

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 ジャンケントーナメント

■essay地球といのちのジオバイオロジー 長沼毅
 地球が育む生命リソトロフィー

■職場のメンタルヘルスQ&A 吉野公浩・田中朋斉
 採用時に精神疾患の病歴の申告を求めることは問題か?

■へるすあっぷクリニック
 【女性専門外来】片井みゆき「女性ホルモンから考えるキャリアプラン」
 【皮膚科】藤本智子「帯状疱疹の話ラブル」

■元気倍増エクササイズ 竹井仁
 「ねこ背」解消で不調から脱出!

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月21日
【新型コロナ】看護師の感染に対する恐怖を軽減するために 最前線に立つ看護師に対するサポートも必要
2021年06月21日
女性は食事からメンタルヘルスの影響を受けやすい 不健康な食事は精神的苦痛につながる
2021年06月14日
【新型コロナ】コロナ禍で孤立する人が増えている 孤独は肥満やメタボのリスクを上昇 3つの方法でストレス解消
2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶