ニュース

結婚生活に大きく影響 夫婦円満の秘訣は「家事の役割分担」

 ゴミを出す、皿を洗う、洗濯をする。こうした毎日のありふれた雑用が、結婚生活の満足度に大きな影響を与え、夫婦仲がうまくいくか別れるかといった問題に発展する可能性がある。
家事分担が夫婦間のストレスをやわらげる
 米ワシントン大学のジョン ゴットマン教授は、結婚について問題を抱えている30組のカップルを対象に実験を行った。

 ゴットマン教授は、研究室にカップルを招き、夫婦の関係について話し合ってもらった。会話をビデオに撮影し、血圧や心拍数、血流速度、発汗、皮膚の電気伝導度の変化などをモニターした。

 その結果、結婚に対する満足度の高い夫婦と、そうでない夫婦に決定的な違いがあることが判明した。関係がうまくいかない夫婦は、会話をしていると心拍数が上がり、血流が速くなり、発汗量も増えていた。

 心拍数や発汗量の上昇といった生体サインは、ストレスに対処するための自律神経の働きを示し、隣に座るパートナーとの関係に緊張が生じ攻撃的になっていることを示している。

 しかし、家庭での家事分担ができている夫婦では、生体サインが安定しており、夫婦間での衝突を回避しやすい傾向がみられた。実際に、6年後に離婚したカップルの割合も低かったという。

家事分担ができていると夫婦の幸福感が向上
 米イリノイ大学の研究チームは、結婚後2年以内の夫婦220組を対象に調査を行った。夫婦が家事の役割分担についてどのように認識しているかや、実際にどのように家事を分担しているかをアンケート調査した。

 調査結果を分析したところ、家事分担の仕方が夫婦間で平等でない場合、結婚生活の満足度が低下する傾向がみられた。特にその傾向が顕著だったのは、女性の方が「役割はもっと平等でなければならない」と感じている場合だった。

 結婚生活の満足度に関するこれまでの研究は、夫婦の一方についてだけ調査されることが多かったが、今回の調査では、家事の分担について男女で認識の相違があることが示された。

 女性の多くは「家事は平等に分担されるべきだ」と感じており、そうした考え方が夫婦間で共有されていると、結婚生活に対する満足度が高くなる傾向が示された。

 一方で、男性は、家事分担の問題と満足度には直接的な相関関係はないと考えたがる傾向がある。「男女では相違がある」「家事は女性が行うもの」と考えたがる男性は多いという。

 「認知レベルと行動レベルの両方で、家事の役割について夫婦の考え方や行動に食い違いがあると、夫婦仲に不調和が生じやすいことが明らかになりました」と、イリノイ大学のブライアン オゴルスキー教授(人間発達・家庭学部)氏は述べている。

 「夫婦の家事の役割分担についてお互いがどう考え、期待しているかについては、結婚生活の幸福感に大きく影響します。この問題は早いうちに夫婦で話し合っておくべきでしょう。家事の役割分担について、男女平等の考え方を重視する配偶者がいる場合は特にそうです」と、オゴルスキー教授はアドバイスしている。

家事分担の不平等が女性のストレスの原因
 スウェーデンのウメオ大学の調査によると、家事分担が不平等な場合、精神的負担を強いられるのは女性だという。女性の多くが「家事に取り組む女性はパートナーの男性より不利だ」と感じている。

 研究チームは、1981~2007年に723人を対象に、男女のストレス反応の違いについて調査を行った。

 それによると、不安や焦燥感、集中力の欠如などの心理的ストレスは、21歳の時点では男女でほぼ同程度だったが、42歳になると男性はストレスのレベルが変わっていなかったのに対し、女性では増していた。

 女性が感じるストレスの主な原因は、家事分担の不平等だった。もっともストレスが強かったのは、家事をより多くこなし、パートナーとの間で男女の不平等を強く感じている女性だった。

 一方、家事を多くこなしていてもパートナーとは平等だと感じている女性は、ストレスが軽減されていたという。

 「ストレスの原因は労働自体ではありません。パートナーがサポートしてくれないと女性が思うことがストレスにつながります。不平等感は、精神的なサポートの欠落とみなされます」と、研究者は述べている。

The Mathematics of Marriage: Predicting Divorce(ワシントン大学 2014年3月13日)
When newlyweds believe in sharing household chores, follow-through is everything(イリノイ大学 2014年5月6日)
Domestic Work and Psychological Distress−What Is the Importance of Relative Socioeconomic Position and Gender Inequality in the Couple Relationship?(PLOS ONE 2012年6月13日)

[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶