ニュース

6ヵ月間のダイエット支援で体重減少 運動がリバウンドを防ぐ鍵に

 肥満のある人を対象に行った「減量支援プログラム」で、グループ参加型の「集団型支援」を行うと体重を8kg減らすのに成功するが、2年半後にリバウンドが起こり4kg以上の体重が戻ることが筑波大学の研究で明らかなった。ただし、運動や身体活動の量を増やすと、リバウンドを抑えられるという。

 この研究は、筑波大学医学医療系の中田由夫准教授らによるもの。研究グループは、3ヵ月間で平均8kgの体重減少を目標とする「集団型減量支援プログラム」を開発してきた。しかし、減量に成功しても、その後にリバウンドが起こる例が多く、適正体重の維持は難しい課題となっている。
グループ支援でダイエットを成功に導く
 健康寿命を延ばすために、肥満対策は世界的に大きな課題となっている。日本でも特定保健指導などで、肥満やメタボリックシンドロームへの対策が行われているが、厚生労働省の「2013年国民健康・栄養調査」では、BMIが25以上の「肥満」の人の割合は40歳代で35%と高い水準を保っている

 中田准教授らが開発した「集団型減量支援プログラム」は、(1)動機付け支援講義、(2)教材提供、(3)集団型減量支援の3つの要素で構成されている。

 「動機付け支援講義」は、1回2時間、肥満と減量に関する基礎知識、減量目標値の設定、エネルギー収支バランスなどについて講義し、「教材提供」は、3種類のテキストと食事記録に使うノート、歩数計を提供。「集団型減量支援」は、提供した教材にもとづく1回2時間のグループ支援を6ヵ月間で7回行う内容になっている。

 研究チームは過去の研究で、水戸協同病院(茨城県水戸市)で、40歳以上65歳未満で、BMI(体格指数)が25以上40未満の188人の男女を対象に実証実験を行った。6ヵ月の介入により、プログラムの3つの要素が合わさることで、6ヵ月間で8kgの体重減少を達成できることを確かめた。「支援」を受けた群は、受けなかった群に比べ、体重が平均で3.0kgより減少していた。

リバウンド防止の鍵は運動と身体活動
 今回の研究では、プログラムの参加者を、介入開始の30ヵ月後まで追跡して調査したところ、参加者の体重はリバウンドしており、「支援」を受けた群と受けなかった群の体重の差は18ヵ月後には1.5kgまで縮まり、30ヵ月後にはほとんど差がなくなった。

 なお、両群ともにベースライン時に比べ3.3kg少ない体重を維持していたので、プログラムの有効性そのものは実証された。しかし、集団型減量支援を受けた群でリバウンドが大きく、長期的な体重維持にはつながらないことが示された。

 また、30ヵ月間の体重の減少率の大小によって4つの群に分けた解析したところ、食事量の変化には差がみられなかったのに対し、運動量については差がみられた。

 具体的には、もっとも体重減少率が大きくリバウンドが少なかった群では、ベースライン時からウォーキングの歩数が2,607歩増えており、やや強度の高い身体活動の時間も21分増えていた。

 「運動や身体活動を増やすことが、体重減少を達成し、リバウンドを予防するために必要であることが示された」と研究者は述べている。

 今後は、参加者が自宅で測定した体重と身体活動量のデータをもとに、支援者が定期的にフィードバックのメッセージを送ることで、減量後の体重維持が可能となるかどうかを、27ヵ月間(減量3ヵ月+追跡24ヵ月)のランダム化比較試験によって検証する予定となっている。

筑波大学医学医療系

[Terahata]

「運動」に関するニュース

2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月07日
「少食+運動不足」の女性は健康リスクが高い 運動習慣のない人も取り組みやすい「女性のためのエクササイズ」動画を公開
2021年12月07日
筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる 運動を意識して行い、筋肉の量と機能の低下を防ぐ
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月16日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動でうつや不安を解消 座ったままの時間が長いとうつリスクが上昇
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月08日
音楽に合わせた軽めの運動が認知機能や気分を向上 「運動は、少し動きを速くして休憩を挟みながら行うと、より楽しく快適に」
2021年11月05日
「脳・心臓疾患の労災認定基準改正 働き方改革の一層の推進へ」へるすあっぷ21 11月号
みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶