ニュース

飲料のカロリーや栄養成分を自動計測するスマートカップを開発

 米国のベンチャー企業の「Mark One」は、カップ内に注ぎこまれた飲料の栄養成分を自動的に計測するスマートカップ「Vessyl」を発表した。
糖分のとりすぎを警告する機能も
 Vessylは一見すると普通のカップのように見えるが、カップ内に分子センサーが埋め込まれており、注ぎ込まれた飲料のカロリー、糖分、タンパク質、ナトリウム、カフェインなどを自動的に計測し、その結果をスマートフォンに送信する機能を備えている。
 どんな飲料でも栄養成分を自動的に分析し、市販の飲み物ならコーヒー、ジュース、ビール、ワイン、スムージーなどに対応しているという。

 側面にはシンプルな発光ディスプレイが搭載されていて、分子センサーが作動すると飲料の種類を表示するようになっている。付属のソーサーの上に置くと充電が可能だ。

 Vessylの専用アプリには、1日にどれだけのカロリーや糖分を摂取したかを記録する機能など備わっており、過剰に摂取するとそれを知らせるアラーム機能なども付いている。糖分のとりすぎを警告する「ダイエット機能」や、就眠前のカフェイン摂取を警告する「睡眠を最適化する機能」なども利用できるという。

 米国のクイーンズ大学ヒューマン メディア ラボのジャスティン リー氏らが考案し、7年がかりで製品化した。飲料の栄養成分をセンサーで分析する手法は以前からあったが、それを小型のカップに組み込むのが難しかったという。

 「食品のカロリーや栄養成分をスマートフォンで検索するサービスは以前からありましたが、Vessylはその場で確認できるので、利用者のカロリー管理や健康増進の動機付けに効果的です」と、リー氏は言う。

 2015年初めの発売を予定しており、小売価格は199ドルだ。食事管理を助ける新しいデバイスとして、日ごろから健康管理に気を付けている中高年や、健康意識の高い人向けにこの製品を提供していく予定。
Mark One Vessyl
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
野菜摂取量向上を図るプロジェクトが最優秀賞 「第10回健康寿命をのばそう!アワード」生活習慣病予防分野
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月06日
【新型コロナ】腸内環境を健康にして感染対策 食物繊維で善玉菌をサポート 腸内菌が感染と重症化を防ぐ?
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶