ニュース

まばたき回数でニコチン依存体質を診断 まばたきの少ない人は要注意

 喫煙でニコチン依存症になりやすいかどうかを、まばたきの頻度から推測できる可能性があることが、大阪大学の中野珠実准教授(神経科学)と京都大学の共同研究で明らかになった。
まばたきの少ない人はニコチン依存症になりやすい
 研究チームによると、まばたきの頻度の個人差は、脳の主要な神経伝達物質であるアセチルコリンと結合する「ニコチン受容体」の遺伝子タイプの違いで説明できるという。ニコチン受容体は、神経細胞間の情報伝達を媒介しており、ニコチンと結合する。

 まばたきの頻度は非常に個人差が大きく、1分間に数回しかしない人もいれば、40回を超える人もいる。これまで回数は脳内の神経伝達物質である「ドーパミン」が左右するとされてきたが、ドーパミン受容体の遺伝子多型を調べても個人差を説明することはできなかった。

 そこで研究では、ドーパミン神経の活動を調節しているニコチン受容体に着目し、遺伝子を構成しているDNAの配列の個体差を示す「遺伝子多型」を調べた。

 研究チームは、104名の大学生を対象に遺伝子多型とまばたきの相関を調べた。ニコチン受容体に関係する遺伝子「CHRNA4」の遺伝子多型を調べ、変異が1ヵ所ある47人と、ない57人に映画を視聴してもらった。

 その結果、変異があるグループは、ないグループに比べ、まばたきの回数が3割多いことが判明した。

 この遺伝子多型は、日本人の半数近くにみられ、アジア人では変異があると喫煙によるニコチン依存症になりにくい傾向があることが報告されている。

 「まばたきの頻度からニコチン受容体の遺伝子多型を推測できることがわかりました。まばたきの頻度からニコチン依存症のなりやすさを推定するなど、まばたきは簡便なバイオマーカーとなる可能性があります」と、中野准教授は述べている。

 研究成果は、科学誌「Scientific Reports」に3月2日付けで発表された。

大阪大学大学院生命機能研究科 ダイナミックブレインネットワーク研究室
Association of a nicotinic receptor gene polymorphism with spontaneous eyeblink rates(Scientific Reports 2015年3月2日)
[Terahata]

「禁煙」に関するニュース

2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月17日
【新型コロナ】重症化リスクを高める要因は高齢・タバコ・糖尿病・肥満 危険因子を減らす対策が必要
2022年09月02日
「効果を上げる保健指導のヒント」へるすあっぷ21 9月号
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年07月19日
認知症予防のための生活スタイル改善に年齢は関係ない 18歳の若者も80歳の老人も同じく必要
2022年07月11日
心筋梗塞や脳卒中を予防するための「生活エッセンシャル8」 新たに睡眠を追加 良い睡眠は心臓を守る
2022年06月13日
日本の職場での「いじめ」の実態を調査 8%がネットいじめを、11%が従来型いじめを週に1回以上受けている
2022年05月30日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年05月30日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶