ニュース

「宿泊型新保健指導」採択団体が決まる 厚労省

 厚生労働省は、 「宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ステイ)プログラム」の試行事業について、7自治体・16民間団体を採択したことを公表した。

 厚労省は、生活習慣病を効果的に予防することを目的に、糖尿病が疑われる者等を対象として、ホテル、旅館等の宿泊施設や地元観光資源等を活用して保健師、管理栄養士、健康運動指導士等が多職種で連携し、従来の保健指導よりも効果の高い保健指導を目指すことを目的に「宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ステイ)プログラム」を開発した。

 本年度は、同プログラムの効果検証を行う「宿泊型新保健指導試行事業」を実施する。今回、試行事業に8自治体、22民間団体から事業計画が提出され、審査会で審査し、7自治体、16民間団体を採択し公表した。

 厚労省は、同プログラムについて、平成27年度に試行し効果検証を行い、プログラムの改訂等を行った上で、生活習慣病予防に効果的で、汎用的な保健指導として、ヘルスケア産業等で活用されることを目指すとしてる。
「宿泊型新保健指導試行事業」採択団体一覧

■自治体(7団体)
 山形県上山市
 新潟県妙高市
 愛知県蒲郡市
 大分県竹田市
 熊本県菊池市
 鹿児島県伊仙町
 沖縄県伊平屋村

■民間団体(16団体)
 公益財団法人愛知県健康づくり振興事業団
 社会福祉法人聖隷福祉事業団
 株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア
 パナソニック健康保険組合
 日本土地改良株式会社
 サンスター株式会社
 社会医療法人財団董仙会
 公益財団法人SBS静岡健康増進センター
 地域医療機能推進機構健康保険組合
 ウェルコンサル株式会社
 医療法人社団 勝木会
 ローソン健康保険組合
 日本理学療法士協会
 全国土木建築国民健康保険組合
 大和ハウス工業健康保険組合
 医療法人今村クリニック

「宿泊型新保健指導試行事業」採択決定について(厚生労働省 2015年4月9日)
宿泊型新保健指導(スマート・ライフ・ステイ)プログラム(厚生労働省)
[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶