ニュース

歯周病予防のために3つのチェックポイント 歯科医師が解説

 歯周病予防のための「歯ぐきのハレ」のチェックとセルフケアのポイントを、「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」が公開した。
歯ぐきのハレを見落とさないことが重要
 厚生労働省「歯科疾患実態調査」によると、35歳以上の約8割が歯周病を発症している実態がある。一方、「ウーマンウェルネス研究会」が行った意識調査では、「自分は歯周病だと思うか」の問いに約半数が「そう思わない」と回答しており、多くの人が歯周病に気づいていないようだ。歯周病であることを自覚していない"かくれ歯周病"は30代以上に多いと推測される。

 「歯周病は、進行しないと痛みや違和感を感じにくく、日常生活に影響しないため、自覚しにくいという特徴があります。奥歯などの見えにくく、歯ブラシが届きにくい部位から歯周病が起こるのも、気づきにくい理由です」と、高柳歯科医院の高柳篤史氏は説明する。

 歯周病を予防する上で、初期症状である「歯ぐきのハレ」(歯肉炎)に気づくことはとても大切であるという。歯と歯ぐきの間に細菌が入り込むと、歯肉炎が起こりやすい。意識調査では「歯ぐきのハレ」を気にしている人は16.6%ににとどまったが、実は普段からチェックすることが必要だ。

 「軽度な歯肉炎であれば、セルフケアで健康な歯肉に戻すことができるので、ふだんから、鏡で口の中を観察したり、歯科医院で定期検診を受けるなど、歯ぐきのハレを見落とさないすることが重要です」と、高柳氏は指摘する。

「歯ぐきのハレ」を自覚するための3つのチェックポイント

(1)歯間乳頭
 歯と歯の間の歯肉(歯茎)のことで、はじめに炎症が起こりやすい部分だ。健康な歯ぐきは歯間乳頭が引き締まり、三角形をしていますが、はれていると先端が丸くなる。特に奥歯はブラシが届きにくく、はれやすい。

(2)歯ぐきの色
 健康な歯ぐきは、うすいピンク色をしているが、はれているときは炎症して、赤みが強くなる。

(3)ブラッシング時の出血の有無
 歯ぐきがはれているときは、ちょっとした刺激で出血しやすくなる。歯ぐきが健康であれば、念入りにブラッシングをしても出血することはない。痛みがなくても、出血したときは歯周病が疑われる。

歯周病を予防するためのセルフケア 2つのポイント

(1)歯垢を除去する
 まずは、歯周病の原因物質である歯垢をしっかりと取り除くことが大切。歯と歯ぐきの間を意識し、1本ずつ丁寧に磨こう。出血がある部分も避けずに歯垢を取り除くことが大切だ。鏡で口の中を確認しながら、ブラッシングするのも効果的だ。

(2)歯ぐきの血流を回復する
 歯ぐきにハレがあると、歯垢由来の毒素によって歯ぐきに炎症性物質などの老廃物がたまり、血流に障害が起きやすい状態になっている。歯ぐきに蓄積した老廃物を効果的に排泄し、歯ぐきをマッサージすることで、歯ぐきの健康を保つ効果が期待できる。

ウーマンウェルネス研究会
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶