ニュース

欧米型の食事スタイルが男性の前立腺がんリスクを上昇させる

 前立腺がんと診断された男性が、野菜や果物、魚、全粒穀類などを多く食べる健康的な食事スタイルを続けると、死亡リスクが大きく低下することが、米国のハーバード大学の研究で明らかになった。日本の緑茶も前立腺がんリスクを下げる食品として期待されている。
欧米型の食生活を続けると前立腺がんの死亡リスクは2.5倍に上昇
 男性の前立腺がんの発症数は増えており、米国がん学会(ACS)によると前立腺がんは、がんによる死亡原因として2番目に多い。米国の前立腺がんの有病者は300万人近くに上り、日本でも年間9万8,000人が新たに発症している。

 前立腺がんはゆっくり進行することが多いので、早期発見し、適切に治療できれば完治も可能だ。最近は、前立腺がんの腫瘍マーカーをみるPSA(前立腺特異抗原)検査により、早期発見が可能になっている。

 ハーバード公衆衛生大学院の研究チームによる今回の研究は、医療従事者を対象とした大規模調査「Physicians' Health Study」に参加した40~84歳の男性を対象に行われた。

 前立腺がんと診断された男性926人を対象に、がんの治療状況の調査と、食事内容に関するアンケートを14年間継続して行った。

 参加者を、加工肉や赤身肉、脂肪分の多い乳製品、糖分、精製された穀類などの加工食品を多く食べる「欧米型の食事スタイル」と、「より健康的な食事スタイル」を続けている人に四分位で分けて比較した。

 「より健康的な食事スタイル」とは、▽野菜や果物を多く食べる、▽魚を食べる、▽赤身肉や加工肉を避ける、▽精製されていない小麦粉や玄米などの全粒穀類を食べる、▽魚やオリーブオイルなどに含まれる不飽和脂肪酸を摂取する、▽豆類や大豆類を食べる――といったものだった。

 追跡期間中に333人が死亡し、うち17%(56人)が前立腺がんが原因だった。高齢で発症した男性で死亡率が高かった。

 解析した結果、欧米型の食事スタイルが中心だった男性は、前立腺がんで死亡する確率が2.5倍、全体的な死亡リスクも67%上昇することが判明した。

 一方、「より健康的な食事スタイル」をもつ男性は死亡リスクが36%低下することが明らかになった。
食事を改善すればがんのリスクは低減できる
 「前立腺がんを発症した人が生存率を高めるために、どのような生活スタイルが効果的なのかは、これまで研究の数が少なく不明でした。今回の調査では、食事スタイルを改善すれば、死亡リスクを下げられる可能性があることが明らかになりました」と、ハーバード公衆衛生大学院のホルヘ チャヴァロ氏は言う。

 がん生存率が高い人に共通する条件は、「動物性脂肪の摂取量が少ない」「アルコールの摂取量が少ない」「たばこを吸わない」ということだった。また、「カルシウムとビタミンDを十分にとっている」という傾向がみられた。

 「今回の研究の参加者の多くは医師で、健康的な生活スタイルをもつ人が多かった。米国では欧米式の食事スタイルが一般的なので、今回の調査結果がより多くの人にあてはまるかは今後の研究で確かめる必要があります」と、論文著者のメン ヤン氏は言う。

 「しかし、健康な食事スタイルは、がんだけでなく、高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中の予防・改善にも効果的であることが過去の研究でも確かめられています。食事を改善することは全ての人に勧められます」と、ヤン氏は指摘している。
緑茶が前立腺がんリスクを下げる
 前立腺がんの予防できる食品として、日本の「緑茶」も注目されている。フロリダ州にあるモフィットがんセンターは、緑茶に含まれるカテキンに、前立腺がんを予防できる効果を期待できるという研究を発表した。

 研究チームは、カテキンに含まれる抗酸化作用や抗がん効果の高い成分「エピガロカテキンガレート」(EGCG)を抽出。49人の被験者に1年間、毎日200mgの緑茶カプセルを2錠服用してもらった。一方、他の48人の男性には、同量の偽薬(プラセボ)を服用してもらった。

 すべての被験者が、前立腺がんの前段階である悪性度の高い前立腺上皮内腫瘍(HGPIN)、または前立腺がんを疑う小病巣(ASAP)が認められていたが、カテキンを配合した緑茶カプセルを服用した被験者では、ASAPに進行したり、前立腺がんと診断されたりする割合が少なかったという。また、前立腺がんの腫瘍マーカーとしても用いられるPSA検査の値も低かった。

Western diet may increase risk of death after prostate cancer diagnosis(ハーバード公衆衛生大学院 2015年6月1日)
Dietary Patterns after Prostate Cancer Diagnosis in Relation to Disease-Specific and Total Mortality(Cancer Prevention Research 2015年6月)
Component in Green Tea May Help Reduce Prostate Cancer in Men at High Risk, Moffitt Cancer Center Researchers Say(モフィットがんセンター 2015年5月27日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶