ニュース

乳がんリスクを下げる対策法 座ったまま過ごす時間を減らし運動を

 女性は座ったまま過ごす時間を減らすと、乳がんなどのリスクを下げられることか、米国の大規模研究で明らかになった。カナダの研究では、ウォーキングなどの運動を週に5時間行うと、乳がんを予防する効果が高まることが判明した。
座ったまま過ごす時間が長い女性はがんの発症リスクが高い
 余暇時間に座ったまま過ごす時間が長い女性は、乳がんなどの発症リスクが高くなるという調査結果が発表された。余暇時間に座ったまま過ごす時間を1日に3時間以下に減らすと、がんリスクを下げられるという。

 調査は、余暇時間のうち座ったまま過ごす時間が6時間以上の女性は、3時間以下の女性に比べ、浸潤性乳がんの発症リスクが10%、卵巣がんの発症リスクが43%、多発性骨髄腫の発症リスクが65%、全部位のがんの発症リスクが10%、それぞれ上昇するという結果になった。

 「乳がんなどを予防するめたに、女性は座ったまま過ごす時間をなるべく減らし、ウォーキングなどの運動をするべきです」と、米国がん学会のアルパ パテール氏は強調している。
座ったまま過ごす時間を減らす工夫
 パテール氏は、座ったまま過ごす時間を減らす工夫として、次のことを生活に取り入れるようアドバイスしている――
▽洗濯などの家事は立って行う
▽電話をするときは立ち上がる
▽テレビのコマーシャル時間に立ち上がる
▽駐車場に車を停めるときは、目的地からなるべく離れた場所を選び歩くようにする
▽もしも会社などで責任のある立場にあるのなら、短いミーティングは立って行うようにする
▽仕事の合間に1~2分立って過ごす時間をとり、休憩時間にはウォーキングをする

 研究チームは、米国で実施されている大規模調査「がん予防研究II」のデータを解析した。調査には7万7,462人の女性と、6万9,260人の男性が参加した。平均して女性は15.8年、男性は13.2年間、追跡して調査し、1992~2009年に1万2,236人の女性と1万8,555人の男性がんと診断された。
週に5時間の運動を続けると乳がん予防の効果を得られる
 女性が運動を習慣として行えば、乳がんの発症リスクを減らすことができることが多くの研究で確かめられている。しかし、どれだけの運動をすれば効果があるのははっきりしていない。

 米国がん学会は、ウォーキングなどの適度な運動を週に150分以上、あるいは筋力トレーニングなどを取り入れた高強度の運動を75分行うことを奨励している。

 しかし、実際にはその2倍の時間である300分(5時間)の運動を週に行うと、乳がんを予防するためにさらに効果的という研究が発表された。

 この研究は、カナダで実施されている「アルバータがん研究」の一環として行われた。研究チームは、閉経後の50~74歳の女性384人を1年間追跡して調査した。

 参加者を、ウォーキングなどの運動を週に150分行うグループと、300分に行うグループに分け比較した。

 その結果、乳がんの発症リスクは、週に150分の運動を行ったグループでは4.6%低下したのに対し、300分の運動を行ったグループでは6.9%低下した。
内臓脂肪を減らせばがんリスクを下げられる
 「アディポネクチン」は脂肪細胞から分泌される生理活性物質(アディポサイトカイン)のうち善玉物質のひとつ。また、「レプチン」は脂肪を燃やし、エネルギーの消費を促す作用のあるアディポサイトカインだ。

 アディポネクチンとレプチンは、がんの発症に影響していると考えられている。内臓脂肪が増えると、これらのアディポサイトカインの分泌量が相対的に減ったり、働きが悪くなったりしてしまう。

 「閉経後の女性は肥満になりやすく、肥満は乳がんのリスクを高めます。週に300分の運動を行った女性では、内臓脂肪が減り、がん予防の効果のある生理活性物質が増えていました」と、アルバータ医療サービスのクリスティーン フリーデンライヒ氏は説明する。

 「乳がんを予防するために、閉経を迎えた女性は、ウォーキングなどの運動を週に300分、1日平均40分行うことが勧められます」とアドバイスしている。

Sitting Too Much Increases Cancer Risk in Women(米国がん学会 2015年7月16日)
Leisure-time spent sitting and site-specific cancer incidence in a large US cohort(Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention 2015年6月30日)
Effects of a High vs Moderate Volume of Aerobic Exercise on Adiposity Outcomes in Postmenopausal Women: A Randomized Clinical Trial(JAMA Oncology 2015年7月16日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶