ニュース

特定健診の効果が測れない システムの設計ミスで8割が検証不能

 厚生労働省が管理する医療ビッグデータのシステムに設計ミスがあり、運用が開始されて6年経った今も改修されていないことが会計検査院の調査で分かった。特定健診のデータのうち、同じ患者のレセプト(診療報酬明細書)のデータと照合できたのは20%程度にとどまり、このままでは特定健診の医療費抑制の効果の検証に活用できないことが明らかになった。
特定健診データの8割が検証不能
 このシステムは厚生労働省がおよそ28億円をかけて整備し、2009年から運用している「ナショナルデータベース」(NDB)で、2014年度までに約28億円をかけ、特定健診で約1億2,000万件、レセプトで約87億8,900万件を暗号化したうえで収集している。

 特定健診のデータを同じ患者のレセプトと照合することで、健診が医療費抑制につながるかを検証することが目的のひとつだ。

 会計検査院は、厚労省が2011~12年度に集めた特定健診データ約4,820万件を調査した。その結果、実際に照合できたのは2011年度が19.0%、2012年度は24.9%で、システムがほとんど機能していないことが判明した。

 国内最大の公的医療保険の運営者「全国健康保険協会」のケースでは、特定健診を受けた延べ1,000万人以上について1人も照合できないことが判明。さらに、データを提供した延べ2841の健康保険組合のうち、一件も合致しない組合が9割超を占めた。
全角と半角文字の混合でデータを照合できず
 システムは、(1)医療機関が特定健診やレセプトのデータ(保険者番号、氏名、生年月日、男女区分など)を入力、(2)全国健康保険協会や支払基金が数字や文字のサイズなどを変換してデータを匿名化処理、(3)厚労省が再度、匿名化処理して保存、(4)2つのデータを照合−−する仕組み。

 同じ人のデータでも、健診実施機関や医療機関によって、被保険者証等記号などの入力方法が「全角」「半角」で異なるほか、氏名も「カタカナ」や「漢字」が混在し、統一されていなかったことが原因。このデータを匿名化処理した場合、同じ人物のデータなのに異なる人物のデータとして処理されてしまい、データが合致しなくなった。

 特定健診には昨年度までの7年間に1200億円超の国庫補助金が支出されており、厚労省は18年度に医療費適正化計画の実績評価をまとめる予定。

 検査院は「2018年度に予定されている第2期医療費適正化計画の評価で、収集・保存されているデータをもとに医療費適正化に及ぼす効果を適切に評価できなくなる」と指摘している。

 厚労省は「すでに集めたデータも照合できるように今年度にシステム改修を進める」としている。

レセプト情報・特定健診等情報データベースシステムにおける収集・保存データの不突合の状況等について(会計検査院 2015年9月4日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶