ニュース

「眠れない」と悩む対象者への保健指導に最適なリーフレット 新発売

 「眠れない」と悩む対象者への保健指導に最適なリーフレット「最近スッキリ眠れていますか?」が発売されました。その内容の一部をご紹介します。
 「最近スッキリ眠れていますか?」


「最近スッキリ眠れていますか?」

価格:50円+税
著:巽あさみ
(浜松医科大学医学部看護学科教授)
発行:一般社団法人日本家族計画協会
仕様:A4判、8頁観音開、オールカラー
不眠の原因ごとに対処法を分かりやすく解説
 近年、寝不足や不眠などの睡眠障害が、メンタルヘルスの不調や生活習慣病と関連していると指摘されています。心身の健康を守るためには「良い睡眠」をとることが、ますます重要になってきています。

 ひと口に不眠の悩みといっても、ビジネスでのストレス、家庭の事情、人間関係、疾病や生活スケジュールなど、対象者を悩ませる原因はさまざまあります。また、対処法が不適切だと不眠の悩みはなかなか解消できないものです。

 本教材は、対象者を「良い睡眠」へと導くため、不眠の原因ごとに適切な対処法を解説しています。ぜひ、保健指導、健康啓発の際の配布資料としてお役立てください!

 ※「睡眠保健指導マニュアル」と併せてご使用いただくとより効果的です。

「最近スッキリ眠れていますか?」(リーフレット)
「睡眠保健指導マニュアル」(書籍)
[soshinsha]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月07日
「少食+運動不足」の女性は健康リスクが高い 運動習慣のない人も取り組みやすい「女性のためのエクササイズ」動画を公開
2021年12月07日
筋肉が減る「サルコペニア」は早期に対策すれば防げる 運動を意識して行い、筋肉の量と機能の低下を防ぐ
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大で価値観を揺るがされ抑うつや不安に 感染対策に協力できているという達成感が救いに
2021年11月22日
【新型コロナ】ワクチン接種を受けたがらない人の心理的要因は? 誤った情報に振り回されている可能性が
2021年11月22日
【新型コロナ】コロナ禍で孤食が増加 孤独はさまざまな健康リスクをもたらす 高齢女性でとくに深刻
2021年11月16日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動でうつや不安を解消 座ったままの時間が長いとうつリスクが上昇
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶