ニュース

「エゴマ」に非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を改善する効果

 エゴマに含まれる成分が「非アルコール性脂肪肝炎」(NASH)や、それに伴う肝細胞のがん化を抑制することを、名古屋市立大の研究グループがラットの実験で発見した。
エゴマの「ルテオリン」がNASHの進行を抑制、肝がんを予防
 エゴマはシソ科の植物で、日本でも古くから栽培されている。研究グループはエゴマの種に多く含まれる、抗酸化作用が強い「ルテオリン」に着目した。

 脂肪肝とは、肝臓を構成する肝細胞に中性脂肪がたまっている状態で、お酒の飲み過ぎで起こるアルコール性脂肪肝と、お酒を飲まない人にも起こる非アルコール性脂肪肝の2つに大きく分けられる。

 最近はメタボリックシンドロームの増加に合わせて非アルコール性脂肪肝が増えており注目されている。なかでも、肝臓に慢性的な炎症が起こる「非アルコール性脂肪肝炎」(NASH)の場合は、肝細胞が徐々に線維化して肝硬変へと進行していき、肝がんを発症する可能性が高くなる。

 NASHの発症や進行は、老化などに伴う肝細胞の酸化ストレスが関わっていることが分かっている。研究グループはエゴマの種に多く含まれ、抗酸化作用が強いフラボノイドである「ルテオリン」が予防に効くと考えた。

 研究チームは遺伝子操作でがんになりやすくした「老化ラット」を作成。NASHを引き起こす餌を3ヵ月間食べたラットと、この餌にルテオリンを加えたものを同じ期間食べたラットを比較した。

 その結果、ルテオリンを摂取した方は、NASHの進行が20?30%遅かった。また、老化ラットの肝臓では、正常と比べてがんのもととなる病変(前がん病変)が多く発生していたが、ルテオリンを摂取したグループではその数が半分程度に減っていた。

 このことから、老化状態では酸化ストレスがたまりやすく、NASHが進行する可能性が高いが、「ルテオリン」が酸化ストレスを抑えることで、NASHを予防することが明らかになった。

 研究チームは、NASHからがんが発生するとき、あるいはがん化した後に、増殖の維持に重要な役割を担っている遺伝子も発見した。

 研究は、名古屋市立大学実験病態病理学分野の内木綾助教らによるもので、英国の科学誌「カルチノジェネシス」電子版に発表された。

 「今回の実験はヒトにも応用できる。ルテオリンを含む食品やサプリメントの摂取が、NASHの予防に役立つ可能性がある」と、内木助教は述べている。

名古屋市立大学大学院医学研究科実験病態病理学
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
野菜摂取量向上を図るプロジェクトが最優秀賞 「第10回健康寿命をのばそう!アワード」生活習慣病予防分野
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年12月06日
【新型コロナ】腸内環境を健康にして感染対策 食物繊維で善玉菌をサポート 腸内菌が感染と重症化を防ぐ?
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶