ニュース

【連載更新】保健師活動の発展のための組織化~なぜ、今、組織化なのか?

 継続教育の疑問からはじめた取り組み(当課の例 気づき)
 当課はNo.2で述べたように、企業の大小にかかわらず、すべての人がいきいきと働ける職場環境づくりや、働く人自身が健康を推進できるシステムを創造するように、支援しています。

 その中でも特に、産業医や産業保健師等の産業保健スタッフを配置していない中小規模事業場のすべての人々が、産業保健サービスを受けられるように、活動することを目指し、これまで質を確保する取組を実施してきました。(表1参照)そして、新卒者を採用する機会が増加したことをきっかけに数年前から、教育の方法についても、検討会を設けていました。

 しかし、人員減少に伴い、通常業務を実施することで精一杯となり、当課が目指していた保健師活動を先輩から後輩に継承する教育は限界になっていました。そのような状態が長く続けば看護組織としては、5年後10年後20年後には衰退する危険性があります。「なぜ、私たちの組織がこんなことになっているのか?人員を補充し、教育する時間があれば、目指す活動が継承されるのか?」と本当に悩みました。

 そんな状況のとき保健指導品質管理の技術顧問(外部の大学と契約)に相談し、「組織が求める人材像は何ですか?」と問いかけられたことで、人材像を明確にしていないことに気づかせていただきました。そして、組織として目指すことを実践するには、暗黙の伝統を継承することではなく、組織の理念を設定し、その理念を実現する人材を育成する仕組みにしていかなければ、組織としても発展しないし、組織の目的も達成されないということに気づき、組織化に取り組みはじめたところです。

表1 これまでの質を確保する取組

「健診機関での保健師活動~活動の場面が違っても保健師活動の基本は同じ~」
健診・検診/保健指導 トップページ

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月28日
【オピニオン新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶