ニュース

ジカ熱が日本で発生する確率は16.6% 夏に備えて蚊の駆除など対策

 中南米を中心に流行が広がっているジカ熱の感染が、2016年に日本で発生する確率は「16.6%」と、北海道大学の研究チームが発表した。
日本は感染リスクの低い国 過度の社会的不安を煽る必要はない
 ジカ熱は、日本のほとんどの地域でみられるヒトスジシマカを媒介とするウイルス感染症。主な症状は高熱や頭痛、関節痛、発疹などで、感染しても症状がないか、症状が軽いため気付きにくいこともあり、症状が2~7日続いた後にほとんどが治る。

 しかし有効なワクチンがなく、妊娠初期の女性がジカウイルスに感染すると、胎児の一部に小頭症が発生するリスクがあることが明らかになっている。また、手足のまひを伴う病気「ギラン・バレー症候群」を引き起こす可能性も指摘されている。

 研究グループは独自に統計モデルを開発し、ジカ熱の流行に関する地理情報システム(GIS)のデータや、航空機による渡航客の移動、さらにウイルスを媒介する蚊に関するデータなどをもとに、各国内でジカ熱が広がる可能性を推計した。

 その結果、2016年に日本で感染が発生する推計値は16.6%であることが判明。この数値はメキシコで48.8%、台湾で36.7%と亜熱帯や熱帯地域で高い。一方、英国は6.7%、オランダは5.3%と、温帯地域の国では日本よりも低い数値が出た。

 研究グループは、「日本のような国内での感染リスクが低い国では、過度の社会的不安を煽る必要はない。妊婦や妊娠の可能性がある女性は流行地への渡航を控え、流行地への渡航者は防蚊対策を徹底して、感染を避けることに注力するべきだ」と述べている。
地方自治体や企業は全国で蚊の駆除などの対策を計画
 これまで国内でジカ熱の感染が広がった報告例はないが、中南米で流行が拡大した昨年5月以降、ブラジルなど中南米に滞在、帰国した7人が発症している。

 世界保健機関(WHO)は2月1日に緊急事態を宣言し、日本政府も感染症法の「4類感染症」に指定した。感染者が出た場合は医師による保健所への届出が義務となり、検疫所での診察・検査、汚染場所の消毒などの措置が必要となる。

 日本感染症学会もジカウイルス感染症の専門医療機関のリストを公表し、診療体制の整備が進められている。

 8月のリオデジャネイロ五輪・パラリンピックが始まるとブラジルへの渡航者は少なくとも1万人を超えると予想されている。

 このため政府は4月1日、地方自治体や企業など国全体で蚊の駆除対策をとる国民運動を展開することや、感染を心配する妊婦からの電話相談に応じる仕組みを5月上旬をめどにつくることなどを盛り込んだ対策を公表している。

 この研究は、北海道大学大学院医学研究科社会医学講座の西浦博教授らによるもで、科学誌「PeerJ」に発表された。

北海道大学大学院 医学研究科 社会医学講座 公衆衛生学分野
ジカウイルス感染症について(厚生労働省)
ジカウイルス感染症専門医療機関(日本感染症学会)
[Terahata]

「地域保健」に関するニュース

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶