ニュース

「職場のコミュニケーション活性化のヒント」へるすあっぷ21 5月号


「へるすあっぷ21」5月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」5月号をご紹介致します。

 今月の特集は、職場のコミュニケーションがテーマです。

 職場のストレス要因や悩みで依然として多い「人間関係」。ストレスチェックも始まり、企業では、社内の人間関係やコミュニケーションへの意識が高まり、良好にするための施策を積極的にとる企業も増えています。

 今日から使える、職場のコミュニケーションを活性化させ、良好な人間関係を築くためのヒントが満載です。

職場コミュニケーションの現状と課題解決のポイント

悩み別 職場コミュニケーションQ&A

言葉のチカラで職場を明るく!

「へるすあっぷ21」5月号
株式会社法研


【目次】

■実践!食コンディショニング®II 小島美和子
 リバウンド防止!代謝を上げる食べ方

■最新医療情報
 命にかかわるおそれもある「思春期やせ症」へのサポート

■MONO/TECHNOLOGY
 眼の動きで心身の状態がわかるメガネ

■こんなときどうする?職場の不適応 見波利幸
 新型うつ社員の職場適応支援

■HEALTH TOPIC
 産業保健法学研究会・事例検討会に学ぶ
 職場のメンタルヘルス問題への対応

■ストレスチェックを活かす 増田将史
 事業者への結果提供の同意取得について

■リレーインタビュー
 (株)日建設計・保健師 坂本侑香さん

■けんぽREPORT
 東京都農林漁業団体健康保険組合
 「事業所訪問で連携強化 保健事業の充実を図る」

■わかる!身につく!健康力
 男にだってあるんです
 男性更年期障害~LOH症候群~

■HEALTH WATCH 2016
 埼玉県皆野町
 「STOP人工透析!町と病院で進める重症化予防」

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 逆転間違いさがしII

■職場の健康管理Q&A 吉野公浩・田中朋斉
 健康管理とプライバシー

■産業医奮闘記 西埜植規秀
 産業保健職として心掛けていること

■へるすあっぷcafe
 【あなたの知らない美容外科】
  保阪善昭「レーザー治療でしみは消せる?」
 【意外と知らない薬のはなし】
  小野俊介「お薬が効いたことを確かめるのは難しい」
 【男のホルモン 女のホルモン】
  奥井識仁「テストステロンの分泌をアップ!」
 【健康情報のウソ・ホント】
  岡田正彦「巷で話題の怪しい健康法」

■カラダLESSON 大貫崇
 体が目覚めるエクササイズ+呼吸法

■南の島から 佐藤恵美

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月21日
【新型コロナ】看護師の感染に対する恐怖を軽減するために 最前線に立つ看護師に対するサポートも必要
2021年06月21日
女性は食事からメンタルヘルスの影響を受けやすい 不健康な食事は精神的苦痛につながる
2021年06月14日
【新型コロナ】コロナ禍で孤立する人が増えている 孤独は肥満やメタボのリスクを上昇 3つの方法でストレス解消
2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶