ニュース

【健やか親子21】世代別のレシピ「子どもの食育」の情報掲載ほか

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

世代別のレシピ「子どもの食育」の情報掲載について(日本食生活協会)

 規則正しい生活リズムを身につけ、3食きちんと食事をすることが、子どもの心と体を育てます。特に朝食は体を目覚めさせ、脳にエネルギーを与える大事な食事です。

 パンやおにぎりなどの主食に、乳製品を加えてものでも、子どもたちの一日の始まりを支える重要なエネルギー源となります。 (続く)


他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数!!!

最新トピックス(2017年1月12日更新)


    ・ 「幼保連携型認定こども園教育・保育要領の改訂に関する審議のまとめ」の掲載について(内閣府)
    ・ 第11回子どもの食育を考えるフォーラム―みんなで考えよう幼児期の肥満―の開催について(日本小児科学会など)
    ・ 子ども安全メール「ウイルス感染を予防しましょう!」の掲載について(消費者庁)
    ・ 世代別のレシピ「子どもの食育」の情報掲載について(日本食生活協会)
    ・ 平成28年度ファミリーソーシャルワーク研修会の開催について(全国社会福祉協議会)
    ・ 教材カード1月号「食物アレルギーを知って 防ごう!」の掲載について(日本スポーツ振興センター)
    ・ 早寝早起き朝ごはんニュースレター第18号の掲載について(「早寝早起き朝ごはん」全国協議会)
    ・ 報道発表「照明器具が関係する火災が起きています。蛍光灯照明を長く使っていないか、白熱灯照明の周りに燃えやすい物がないか確認しましょう」の掲載について(製品評価技術基盤機構)
    ・ 小規模研修会in関東「病気や障害のある子どもを守る福祉の仕組み」の開催について(日本育療学会)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

[soshinsha]

「学校保健」に関するニュース

2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年12月09日
多胎の妊娠サポートが最優秀賞〜健康寿命をのばそう!アワード母子保健分野
2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月18日
働く女性と児童・生徒の自殺者数が増加-令和3年版自殺対策白書
2021年11月16日
近くにファストフード店があると肥満や糖尿病になりやすい? ファストフードの栄養は30年間で悪化
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶