ニュース

認知機能を高める健康法とは? 日本医師会が推奨「一・十・百・千・万」

 「年齢を重ねても、いつまでも若々しくいたい」と思っていても、数ある健康法のどこから手を付けたら良いかと迷う人は多い。そうした人向けに日本医師会は、高齢者の認知機能を低下させない健康法をホームページで紹介した。
健康のための「一、十、百、千、万」
 日本医師会は3月2日付けの読売新聞に、「今日からできる がんばらない健康法」と題し、意見広告を掲載した。

 高齢者の健康法「一読、十笑、百吸、千字、万歩」を提唱しているのは、杏林大学名誉教授の石川恭三氏。石川氏は、専門の循環器・心臓病に限らず幅広く活躍しており「よく耳にする健康法であっても、頭の芯で理解し実践している人は少ない。よく理解して、"今さら始めるのは"と躊躇せずに、今すぐ実行することが大切」と言う。

一読:1日1回は文章を読もう

 1日1回は文章を読み、認知機能を刺激しよう。
 新聞でも雑誌でも本でも、好きなものを選んで読むことで、認知機能がアップする。

十笑:1日10回笑おう

 1日に少なくとも10回は笑うようにしよう。笑う回数が多い人ほど、認知機能が下がるリスクが減るという報告がある。
 また、笑うと免疫力が高まり、がんの発症予防や進行を抑える効果があるとされている。

百吸:1日100回深呼吸しよう

 1日に少なくとも100回は深呼吸しよう。深呼吸すると、副交感神経の緊張が高まり、神経の高ぶりがおさまり、ストレス解消にもつながる。
 深呼吸することで脈拍は遅くなり、血圧は下がり、筋肉の緊張が低下し、動脈中の酸素が増加する。

千字:1日に1,000字は文字を書こう

 こまめに文字を書くことは、頭を使い、認知症予防につながる。
 日記をつけたり、手紙を書いたり、メモをとるなどして、こまめに文字を書くことが大切だ。ただし、文字を書くときは、ときには辞書を引き、できるだけ漢字を使うのがコツとなる。

万歩:1日に1万歩を目指して歩こう

 足は第二の心臓とも言われ、歩くことで下肢にたまっている血液が心臓に戻りやすくなる。1日に1万歩は歩こう。
 ウォーキングは、メタボリックシンドロームの予防や改善に良いだけでなく、脳を刺激し、記憶力を高め、認知症の予防効果もある。
 また、骨に加重をかけることで骨芽細胞を刺激し、破骨細胞の働きを抑制し骨粗鬆症の予防にもなる。

 「一読、十笑、百吸、千字、万歩」は、石川恭三氏が中高年を対象に、健康維持と認知症予防の心得とし長年推奨してきた言葉だ。

 超高齢社会を迎えた日本では、いかに健康寿命を延ばすかが大きな課題となっている。石川氏は、毎日チェックして「何を足していけば良いか」を考えるようアドバイスしている。

日本医師会
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶