ニュース

生活習慣病予防のための「5つの生活スタイル」とは? 50歳までに実行すると寿命が延びる

 5つの健康的な生活スタイルを維持することで、2型糖尿病、心血管疾患、がんといった慢性疾患を発症しないでいられる期間を延長できることが、米国の研究で明らかになった。5つの生活スタイルを実行することで、平均余命は女性で10年以上、男性では8年近く長くなるという。
5つの生活スタイルを実行すると寿命が延びる
 ハーバード大学公衆衛生大学院が提唱する「5つの健康的な生活スタイル」とは、▼健康的な食事を摂ること、▼運動を習慣として行うこと、▼健康的な体重を維持すること、▼アルコールを飲み過ぎないこと、▼喫煙しないこと。

 こうした生活スタイルを中年期に実行することで、2型糖尿病、心血管疾患、がんの発症リスクを低下できることが確かめられている。

 研究チームが2018年に発表した研究では、5つの健康的な生活スタイルを実行することで、約30年間の研究期間中に、心血管疾患で死亡する割合が82%低下し、がんで死亡する割合が65%低下したことが明らかになった。

 5つの健康的な生活スタイルをすべて実行している人は、まったく実行していない人に比べ、期間中に死亡する可能性が74%低く、平均余命が男性で平均12年、女性で平均14年、それぞれ延長するという結果になった。
糖尿病、心臓病、がんの発症を遅らせることができる
 「これまでの研究で、健康的な生活スタイルにより慢性疾患のリスクが低下し、平均余命が延びることは分かっていましたが、生活スタイルが病気のない期間にどう影響するかを研究はほとんどありませんでした」と、ハーバード大学公衆衛生大学院の栄養学部の上級研究員であるヤンピン リー氏は言う。

 そこで、研究チームは今回の研究で、健康的な生活スタイルを続けると、糖尿病、心血管疾患、がんとった慢性疾患を発症することなく、健康に生きられる期間を延長できるかを検証した。

 研究チームは、「看護師健康研究(Nurses' Health Study)」に参加した7万3,196人の女性を平均34年、「医療者追跡研究(Health Professionals Follow-up Study)」に参加した3万8,366人の男性を平均28年、それぞれ追跡した調査した。

 健康的な食事は「代替健康的な食事指数(Alternate Healthy Eating Index)」の得点で判定。運動については、中等度から活発な運動を1日に30分以上行っている場合を運動習慣ありと判定した。

 体重については、体格指数(BMI)が18.5~24.9の場合を健康的な体重と判定。アルコールについては、男性は1日に2ドリンクまで、女性は1ドリンクまでを飲んでいる場合に適度な飲酒と判定した。
余命に女性で10年以上、男性では8年近くの差が
 その結果、50歳で健康的な生活スタイルを1つも実行していない人は、平均余命が、男性は23.5年、女性は23.7年だったのに対し、4~5つ実施していると、男性は31.1年、女性は34.4年に延長されることが分かった。

 一方、もっとも平均余命が短かったのは、ヘビースモーカーで肥満のある男女だった。

 「糖尿病、心血管疾患、がんとった慢性疾患は、高い医療費が必要となるだけでなく、患者の生活の質(QOL)を低下します。生活スタイルを改善し、健康的な食事や運動を続ければ、QOLが向上し、医療費も削減できます」と、ハーバード大学公衆衛生大学院栄養学部のフランク フー教授は言う。

 「これまで以上に健康的な生活スタイルを促進する公共政策を推し進めるべきです」と、フー教授は指摘している。「米国人は健康的な生活を送ることに関心をあまり払わない傾向があります。健康的な食品の流通を増やし、都市計画を立案し、社会環境を整備するために、より多くの注力が必要です」。

Following healthy lifestyle habits at middle age may increase years lived free of chronic diseases(ハーバード大学公衆衛生大学院 2020年1月8日)
Healthy lifestyle and life expectancy free of cancer, cardiovascular disease, and type 2 diabetes: prospective cohort study(BMJ 2020年1月8日)
Following five healthy lifestyle habits may increase life expectancy by decade or more(ハーバード大学公衆衛生大学院 2018年4月30日)
Impact of Healthy Lifestyle Factors on Life Expectancies in the US Population(Circulation 2018年4月30日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶