ニュース

男性患者向け外見ケアのガイドブック「NO HOW TO」を作成 国立がん研究センター中央病院

 国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)はこのほど、男性向けとしては初めてとなるアピアランス(外見)ケアのガイドブック『NO HOW TO(ノーハウツー)』を作成、公開した。
 がんやがん治療による外見の変化で生じる苦痛を軽減する「アピアランスケア」について、情報が少ない男性患者に向けた内容で、女性患者にとっても参考になる内容となっている。ガイドブックはウェブサイトで閲覧できる。
外見に関わるつらさを軽減するアピアランスケア
 がんやがん治療では脱毛や肌色の変化、皮疹、爪の変化、手術跡、部分欠損などで、外見に変化が起こることがある。外見の変化を気にして他人との関わりを避けたり、外出を控えがちになる人もいる。

 そのため国立がん研究センター中央病院では、「がんやがん治療による外見の変化がつらい、不安だ」と感じている患者の相談に応じる部門としてアピアランス支援センターを設立。医師や看護師、薬剤師、臨床心理士、美容専門家などが連携し、治療中も安心して過ごせるようサポートしている。

 一方、アピアランスケアを「医学的・整容的・心理社会的支援を用いて、外見の変化を補完し、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケア」と定義。もし治療で外見が変化しても、自分自身が気にならなければアピアランスケアを行わず、そのまま過ごしても問題はないと考えている。

 また必ずしも「治療前と同じ姿に戻ること」ではなく、周りの人のことが気にならず、自分らしさを実感できる姿になり、患者の外見に関わるつらさを軽くすることを目指している。

男性向けのアピアランスケアガイドブック「NO HOW TO」
 そのような中、同病院では女性患者に比べて情報の少ない男性向けにアピアランスケアガイドブック「NO HOW TO」を作成。

 外見の変化で直面する仕事や人間関係、気持ちや生き方など、さまざまな問題への対処について男性患者の生の声を多数紹介している。

「NO HOW TO」PDF版

 考え方やライフスタイルは人それぞれであることから、自分なりの向き合い方やケアの方法を選べるよう、多様なヒントやアイデアを掲載するなど工夫。脱毛や皮膚の色素沈着、手術跡など外見ケアの基本的な対処方法についての医療者の解説なども加えた。

 ガイドブックはA5版、全68ページで、同病院で治療を受けてきた患者からの寄付を活用して作成。同病院アピアランス支援センターのHPでも閲覧できる。

[yoshioka]

「がん」に関するニュース

2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年04月13日
「腸内環境」が高齢化すると生活習慣病に関連する代謝物が増える 「腸内細菌叢」を若く保ち加齢疾患のリスクを低下
2021年04月12日
【子宮頸がんを予防する日】予防ワクチンの接種を受ければ9割の感染を防げる 定期的な検診で女性の未来を守れる
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年03月23日
【新型コロナ】コロナ渦でも楽しく運動を スポーツ庁が「オリジナル運動コンテンツ紹介サイト」を公開
2021年03月09日
野菜3皿、果物2皿を毎日食べるともっとも健康的 食べ過ぎに注意が必要な野菜も判明 10万人を調査
2021年03月02日
女性が多量飲酒をすると乳がんリスクが1.7倍に上昇 女性ホルモンが影響か 日本人女性16万人対象の大規模調査
2021年02月24日
健康寿命を伸ばすための10の方法 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立医療研究センター6機関が提言
2021年02月10日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年02月09日
がん治療と仕事を両立する「がんサバイバー労働者」 働けていることに幸福感 就労復帰後も健康感などを向上させるサポートが必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶