ニュース

【健やか21】学校における衛生管理マニュアル 「学校の新しい生活様式」

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、専門職向けの学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップしてお届けします。
 「健やか親子21」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を一緒に推進して頂ける企業や団体を募集しています。詳細・登録はこちら≫健やか親子21応援メンバー登録

「新型コロナウイルス感染症の予防~子供たちが正しく理解し、実践できることを目指して~」

 新型コロナウイルス感染症が流行している中、学校の教育活動を再開していくには児童生徒および教職員の感染リスクを可能な限り低減することが重要です。

 このたび文部科学省では、学校の衛生管理の観点から、「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」を作成しました。本マニュアルでは、「具体的な活動場面ごとの感染症予防対策について」として各教科等や部活動、給食、健康診断などの対策方法を掲載しています。

 例えば、学校における基本的な感染症対策としては、学校教育活動の際はマスクを着用し、特に近距離での会話や発声等が必要な場面では飛沫を飛ばさないようにマスクの着用を徹底することが適切です。

 しかし一方で、運動を行う際にマスクを着用する場合、十分な呼吸ができなくなるリスクや熱中症になるリスクが指摘されております。学校の体育の授業におけるマスクの着用は必要ありませんが、感染リスクを避けるためには、地域の感染状況を踏まえ、児童生徒の間隔を十分に確保するなどの対策を講じることが必要です。本マニュアルを参考に、児童・教職員ともに感染症予防に努めましょう。

 なお、本マニュアルは、令和2年5月時点での最新の知見に基づき作成されているもので、活用する場合にはその時点の最新情報も併せてチェックが必要です。

詳細はこちら≫
学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル「学校の新しい生活様式」(文科省/2020年5月22日)

最新トピックス・イベント(2020年5月28日更新)

・保護者の皆様へ「2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!」の掲載について(日本小児科医会)
・「妊婦の皆さまへ」の掲載について(日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会)
・リーフレット「新型コロナウイルス感染症対策(COVID-19)~妊婦の方々へ~」の改訂について(厚生労働省)
・新型コロナウイルス感染症に対応した小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における教育活動の再開後の児童生徒に対する生徒指導上の留意事項について(通知)の掲載について(文部科学省)
・学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~の掲載について(文部科学省)
・「学校の体育の授業におけるマスク着用の必要性について」の掲載について(スポーツ庁)
・「幼稚園等のプール活動・水遊びの溺れ事故を防ぐために」~教材「プール活動・水遊び 監視のポイント」の公表について(消費者庁)
・事務連絡「今年度における学校の水泳授業の取扱いについて」の掲載について(スポーツ庁・文部科学省)
・「未来の豊かな"つながり"のための全国アクション」を発足~コロナ禍での地域福祉・ボランティア活動の実践事例の紹介について(全国社会福祉協議会)
・令和元年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業「児童虐待対応における法医学との連携強化に関する研究報告書」の公表について(母子保健推進会議)
・令和元年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業 児童虐待対応における法医学との連携強化に関する研究 冊子「子どもを虐待から守るために~自治体と法医学の連携でできること~」の掲載について(母子保健推進会議)
・「指導者のための避妊と性感染症予防セミナー(SRHセミナー)~SDGsから見るリプロダクティブ・ヘルスの課題とは~」2020年度開催一覧の掲載について(日本家族計画協会)
・「onlineこどもの救急」の多言語サイト(英語、中国語-簡体字・繁体字)の公開について(日本小児科学会)
・Injury Alert(傷害速報)の更新(乗用車3列目シートにおける心肺停止など)について(日本小児科学会)
・イクメン企業アワード「歴代グランプリ受賞者の現在の取り組み集」の掲載について(厚生労働省)
・「平成23年7月11日に神奈川県内の幼稚園で発生したプール事故」、再意見後の動きの追加について(消費者庁)
・子どもサポート情報「ベビーカーの転倒事故! シートベルトは必ず締めましょう」の掲載について(国民生活センター)
・子ども安全メール「Vol.504 キッチンや階段にベビーゲート(転落防止用柵)を取り付けて、子どもを事故から守る!」の掲載について(消費者庁)

※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
トピックス一覧

[soshinsha]

「地域保健」に関するニュース

2021年11月22日
「低GIの食事」で⼼筋梗塞や脳梗塞のリスクを減少 食物繊維が豊富な「全粒穀物」でメタボのリスクを低下
2021年11月22日
心臓病と脳卒中のリスクを減らす10の食事スタイル 食事はバランスが大切 食品の健康度にも新しい指標が
2021年11月22日
【新型コロナ】ワクチン接種を受けたがらない人の心理的要因は? 誤った情報に振り回されている可能性が
2021年11月22日
【新型コロナ】コロナ禍で孤食が増加 孤独はさまざまな健康リスクをもたらす 高齢女性でとくに深刻
2021年11月18日
働く女性と児童・生徒の自殺者数が増加-令和3年版自殺対策白書
2021年11月16日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動でうつや不安を解消 座ったままの時間が長いとうつリスクが上昇
2021年11月16日
認知症を予防できている人は何を食べている? 魚・キノコ・大豆・コーヒーなどの日本食が腸内環境を良好に
2021年11月16日
近くにファストフード店があると肥満や糖尿病になりやすい? ファストフードの栄養は30年間で悪化
2021年11月16日
住環境から化学物質をなくすとリラックス効果を高められる 住まいの空気環境を改善し「シックハウス症候群」を予防
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶