ニュース

子ども若者向け・学校関係者向けの体罰禁止についてよくある質問集を発表(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)

 公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンはこのほど家庭や教育現場での体罰を禁止するため、子ども若者向け・学校関係者向けによくある質問集の日本語版2冊を発表した。
 子どもや若い人たち自身が体罰や子どもの権利について知ることを目的とした1冊と、教育現場の体罰を禁止することを目的とした1冊で、2019年に発表した質問集と合わせ包括的にあらゆる子どもへの体罰について考える全3冊シリーズとなっている。
体罰のない社会の実現には社会の意識を変えることが重要

 世界では文化や宗教的な理由で子どもへの体罰を容認しているケースがあり、2009年、国際NGO「子どもに対するあらゆる体罰を終わらせるグローバル・イニシアチブ」が全世界共通でよくある質問集を作成。体罰のない社会の実現には社会の意識を変えることが重要だと訴えてきた。

 日本では2020年4月、改正児童虐待防止法と改正児童福祉法が施行され、親などによる体罰の禁止が明文化されている。今回発行された『たたくのはやめて!子どもに対する体罰を禁止するために:よくある質問集<子どもと若者のみなさんへ>』『学校における体罰を禁止するため:よくある質問集』の2種類の本は、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンによって制作された日本語版となる。

一般向けと行政・教育関係者向けの2冊を公開

 体罰や子どもの権利条約について、子どもでも理解できるように分かりやすく解説したのが『たたくのはやめて!子どもに対する体罰を禁止するために:よくある質問集<子どもと若者のみなさんへ>』。

 40ページで構成され、「体罰が禁止されたら、子どもはあまやかされ、行儀がわるく、人やものごとを尊重しなくなってしまいませんか?」や、「体罰は子どもをほんとうに傷つけるのでしょうか?」など、よくある質問について答える内容となっている。

 また、『学校における体罰を禁止するために:よくある質問集』は行政・教育関係者などに向けてまとめられたもので同じく40ページ。子どもはあらゆる場面で暴力から守られる権利を持っていることなど基本原則を説明したうえで、なぜ教育現場での体罰を容認してはならないのか、などについて丁寧に解説している。

 例えば、子どもに尊敬の念や規律を教えるために体罰は必要ではないか、体罰を禁止することで先生のストレスを増幅させることにならないか、など具体的に書かれており、地域保健のメンタルケアを考えるうえでも参考になる内容となっている。

 2冊は2019年に発表した『子どもに対するあらゆる体罰を禁止するために:よくある質問集』と合わせると日本語版の3冊シリーズとなり、いずれもHPからダウンロードして活用できる。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶