ニュース

毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果

 毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下するという、4,800人対象の大規模調査の結果が発表された。
 1日に4,000歩しか歩かない人に比べ、8,000歩を歩いている人は、全原因による死亡のリスクが51%減少するという。
 1日の歩数を1,000歩増やすごとに、全死亡や心血管疾患の発症および死亡のリスクが低下するという研究も発表された。
1日の歩数が多いほど死亡のリスクは低下
 1日の歩数が多いほど、すべての原因による死亡のリスクが低下することが、米国の4,800人を対象とした大規模調査で明らかになった。

 研究は、米国立衛生研究所(NIH)、米国立がん研究所(NCI)、米国立老化研究所(NIA)、米疾病予防管理センター(CDC)の研究者によるもの。研究成果は、米国医師会が刊行している「Journal of the American Medical Association」に発表された。

 「運動や身体活動が健康に良いことは明らかですが、1日に何歩を歩けばよいのか、運動の強度はどれくらいが良いのかを知るために、より大規模な調査が必要です」と、NCIのがん疫学遺伝学部門のペドロ サンモーリス氏は言う。

 研究グループは、「米国健康栄養調査」(NHANES)により収集したデータをもとに、約4,800人の参加者に2003~2006年に活動量計を最大7日間着用してもらい、2015年まで健康状態を追跡して調査した。

関連情報
1日8,000歩で死亡リスクは51%減少
 その結果、1日の歩数が多いほど、男女とも死亡率が低くなり、心血管疾患やがんによる死亡率が低くなることが分かった。1日に4,000歩しか歩かない人に比べ、8,000歩を歩いている人は、全原因による死亡のリスクが51%減少した。さらに1日に1万2,000歩を歩くと、死亡リスクは65%減少した。

 「高齢者にとって運動はとくに重要です。年齢を重ねるにつれ、全体的な健康状態を改善するため、体を積極的に動かすことを心がけるべきです」と、NIAの疫学研究所のエリック シロマ氏は言う。

 1日を通して座ったまま過ごす時間をなるべく減らし、体をより多く動かすことで、健康増進の効果を得られる。CDCは、成人に週に150分以上の中強度の運動や身体活動を行うことを勧めている。
体を活発に動かし肥満、心臓病、​​糖尿病、がんに対策
 「体を活発に動かすことで、肥満、心臓病、2型​​糖尿病、一部のがんなどのリスクを低減できます。さらに、運動を習慣化することで、毎日を気持ち良く過ごせるようになり、睡眠を改善するのにも役立ちます」と、CDCの栄養・身体活動・肥満部門のジャネット フルトン氏は言う。

 「今回の研究は観察研究であり、運動と健康について因果関係を証明するものではありませんが、運動が健康増進に役立つことは、これまでの多くの研究で確かめられています」と、フルトン氏は付け足している。

 CDCは「Active People, Healthy Nation」というキャンペーンを全米で展開しており、国民に地域コミュニティで手軽で安全に運動に取り組んでもらうために取り組んでいる。
1000歩多く歩いただけでも死亡リスクは低下
 米国のダーラム退役軍人ヘルスケアシステムやデューク大学などによる別の研究では、1日に1,000歩を多く歩いただけでも、死亡リスクを低下できることが明らかになった。

 研究グループは、ウォーキングと心血管疾患や2型糖尿病などの発症リスクとの関連を調べた、米国、英国、オーストラリア、南アフリカ、中国、日本などの40ヵ国以上の研究を調べ、17件のコホート研究を解析した。

 その結果、1日の歩数が1,000歩増えるごとに、死亡リスクや心血管疾患リスクが低下することが明らかになった。歩数が1日に1,000増えるごとに、全死亡リスクは6~36%減少し、心血管疾患リスクは5~21%減少した。

 年齢や性別、体重、食習慣、飲酒、喫煙などの生活スタイルに関わらず、ウォーキングに健康増進の効果があることが示された。
糖尿病の人はメディカルチェックを
 「どの研究も、1日の歩数を1,000歩増やすごとに、全死亡や心血管疾患の発症および死亡のリスクの低下に役立つことを示しています。ウォーキングなどの運動に健康上の利点があることは明らかです」と、研究者は述べている。

 ただし、1日に1万歩までは歩数を増やすことで健康増進の効果を得られることは確かめられたが、歩数をどこまで増やすと最大の効果を得られるかはよく分かっていないという。

 また、糖尿病の人では、運動が勧められるのは、血糖コントロール良好で、進行性の重篤な合併症のない2型糖尿病の人だ。運動を始める前に、医師によるメディカルチェックを受け、糖尿病合併症や、膝や足の関節などの障害がないかをみてもらい、勧められるウォーキングの時間や強度についても相談しておくと安心できる。

Higher daily step count linked with lower all-cause mortality(米国立衛生研究所(NIH) 2020年3月24日)
Association of Daily Step Count and Step Intensity With Mortality Among US Adults(Journal of the American Medical Association 2020年3月24日)
Systematic review of the prospective association of daily step counts with risk of mortality, cardiovascular disease, and dysglycemia(International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity 2020年6月20日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶