ニュース

11月は「過労死防止啓発月間」 過重労働解消キャンペーンも

 厚生労働省は11月の「過労死防止啓発月間」に合わせ、過労死等防止対策シンポジウムや過重労働解消相談ダイヤルなどを実施。

 国民に過労死等とその防止に向けて関心と理解をうながすほか、過重労働解消キャンペーンも同時に展開し、長時間労働抑制に向けても啓発を図る。
 厚労省は「過労死等防止対策推進法」に基づき、毎年11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、重点的に啓発活動を展開している。

 今年は過労死をゼロにし、健康で充実して働き続けられる社会を目指して、全国で「過労死等防止対策推進シンポジウム」を開く。有識者や過労死による遺族が登壇し、現状や課題、防止対策について話し合うもの。参加無料で、『過労死等防止対策推進シンポジウム』から要事前申し込みが可能。

 またポスターやパンフレット、チラシも作成して啓発。パンフレットではQ&A方式で事業主や労働者の取り組みについて分かりやすく解説。疲労蓄積度自己診断チェックリストも掲載し、自身で状況を把握できるページもある。これらは厚労省ホームページからダウンロードできる。

過重労働解消キャンペーンも実施
 一方、長時間労働是正をはかるため、過重労働解消キャンペーンも同時に実施し、労使の主体的な取り組みをうながしたり、過重労働が疑われる事業場などへの重点監督を実施したりする。

 10月31日から11月6日は過重労働相談受付集中週間と定め、全国の都道府県労働局・労働基準監督署などの相談窓口で相談や違反が疑われる事業場の情報を受け付ける。11月6日は「過重労働解消相談ダイヤル」を実施し、電話での特別労働相談も行う。

▽過重労働解消相談ダイヤル
 都道府県労働局の担当官が、相談に対する指導・助言を実施
 電話番号:0120-794-713(フリーダイヤル)
  実施日時:令和3年11月6日(土)9:00~17:00

 また10月から12月にかけて全国の会場またはオンラインで長時間労働抑制のために必要な知識やノウハウについてセミナーを実施。参加は無料。希望者は『過重労働解消のためのセミナー』から申し込み可能。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2021年11月22日
「低GIの食事」で⼼筋梗塞や脳梗塞のリスクを減少 食物繊維が豊富な「全粒穀物」でメタボのリスクを低下
2021年11月22日
心臓病と脳卒中のリスクを減らす10の食事スタイル 食事はバランスが大切 食品の健康度にも新しい指標が
2021年11月22日
【新型コロナ】ワクチン摂取を受けたがらない人の心理的要因は? 誤った情報に振り回されている可能性が
2021年11月22日
【新型コロナ】コロナ禍で孤食が増加 孤独はさまざまな健康リスクをもたらす 高齢女性でとくに深刻
2021年11月18日
働く女性と児童・生徒の自殺者数が増加-令和3年版自殺対策白書
2021年11月16日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動でうつや不安を解消 座ったままの時間が長いとうつリスクが上昇
2021年11月16日
認知症を予防できている人は何を食べている? 魚・キノコ・大豆・コーヒーなどの日本食が腸内環境を良好に
2021年11月16日
近くにファストフード店があると肥満や糖尿病になりやすい? ファストフードの栄養は30年間で悪化
2021年11月16日
住環境から化学物質をなくすとリラックス効果を高められる 住まいの空気環境を改善し「シックハウス症候群」を予防
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶