ニュース

「迷わず悩まず対応するには? 障がいとともに働く社員と産業保健」産業保健と看護 2021年6号

 働く人の健康を支えるすべての産業保健従事者向け定期刊行物「産業保健と看護」2021年6号のご紹介です。
「産業保健と看護」2021年6号▶株式会社メディカ出版▶

「産業保健と看護」は、産業看護職のみならず、企業における従業員の健康支援に携わる医療看護職、人事労務職、安全衛生管理者の方まで、多くの方に役立つ情報を掲載している定期刊行物(隔月刊)です。

 産業保健従事者のネットワークづくりと情報収集、自主学習の実践書として活用いただけます。

「産業保健と看護」 隔月刊、年6回発行
定価(1冊):2,200円(税込)
年間購読料:
・本誌+増刊:16,280円(税込)
・本誌+増刊+年間購読ヨメディカ::20,680円(税込)
発行:株式会社メディカ出版

【目次】

【第1特集】==============
迷わず悩まず対応するには?
障がいとともに働く社員と産業保健
プランナー◎江口尚(産業医科大学)

●障害者雇用における産業保健職の役割:合理的配慮の提供の視点から
辻洋志(南森町CH労働衛生コンサルタント事務所)

●障害者雇用におけるジョブコーチの役割
小川浩(大妻女子大学)

●障害のある社員のメンタルヘルスと職場環境整備:
働きづらさのある方々への支援のコツ
千田若菜(医療法人社団ながやまメンタルクリニック)

●障害者の雇用継続に必要な支援とは
高瀬健一(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構)

●在職中に障害認定を受けた人への支援
井上菫・井上俊介・伊藤英明・杉本香苗・松嶋康之・佐伯覚(産業医科大学)

【第2特集】==============
元気に送り出したい 無事に帰ってきてほしい
海外勤務者・長期出張者の健康管理
プランナー◎中野愛子(株式会社日立製作所)

●これからの海外勤務者の健康管理
五味秀穂(一般財団法人航空医学研究センター)

●トラベルクリニックを積極的に活用する
寺井和生・大越裕文(医療法人社団航仁会 西新橋クリニック)

●海外勤務者の健康教育
石川右子(東京海上日動火災保険株式会社)

●短期に海外渡航を繰り返す航空会社乗務員の健康支援
サトウ菜保子・小塩典子(日本航空株式会社)

【STUDY】==============
●今さら聞けない 産業衛生のきほん
勝木美佐子(株式会社産業医かつき虎の門事務所)

●経営学の視点で考える産業保健
森永雄太(武蔵大学)

●急ぐの? 待てるの?
職域で行う救急判断とその対応【最終回】
泊慶明(京阪グループ)

●隠れた問題を見抜く力をつける!
スペシャリストに教わる作業環境測定 実践トレーニング
軸丸靖章(社会福祉法人聖隷福祉事業団)

【CATCH】==============
◆ナースのお悩み背負い投げ
鳥ボーイのコミュニケーション鬼道場
鳥ボーイ/喜多一馬(医療者が運営する医療メディア「メディッコ」)

【Campanio! 2021 06】=======
方言のちょっとコワーイ話
医療者のためのメンタルヘルス講座
油断大敵な皮膚症状
静脈血栓塞栓症の予防に取り組んでみませんか!
緩和ケア病棟に音楽療法を
わたしたちの臨床倫理
医療・看護・介護のトピック18本!

【INFORMATION】=========
・学会・研究会INFORMATION
・次号予告

【購入はこちら】

メディカ出版「産業保健と看護」購入ページ▶
[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2021年11月22日
「低GIの食事」で⼼筋梗塞や脳梗塞のリスクを減少 食物繊維が豊富な「全粒穀物」でメタボのリスクを低下
2021年11月22日
心臓病と脳卒中のリスクを減らす10の食事スタイル 食事はバランスが大切 食品の健康度にも新しい指標が
2021年11月22日
【新型コロナ】ワクチン摂取を受けたがらない人の心理的要因は? 誤った情報に振り回されている可能性が
2021年11月22日
【新型コロナ】コロナ禍で孤食が増加 孤独はさまざまな健康リスクをもたらす 高齢女性でとくに深刻
2021年11月18日
働く女性と児童・生徒の自殺者数が増加-令和3年版自殺対策白書
2021年11月16日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動でうつや不安を解消 座ったままの時間が長いとうつリスクが上昇
2021年11月16日
認知症を予防できている人は何を食べている? 魚・キノコ・大豆・コーヒーなどの日本食が腸内環境を良好に
2021年11月16日
近くにファストフード店があると肥満や糖尿病になりやすい? ファストフードの栄養は30年間で悪化
2021年11月16日
住環境から化学物質をなくすとリラックス効果を高められる 住まいの空気環境を改善し「シックハウス症候群」を予防
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶